ブログアーカイブ

【熊本報告】 支援活動を振り返って [避難所運営サポート編]

この記事についてTwitterでつぶやく

 

今年4月に発生した熊本地震から、8ヶ月以上の月日が経過しました。
PBVでは、地震発生直後から情報収集を開始し、2度目の震度7の本震が起こった4月16日にスタッフを現地に派遣。その後、熊本に拠点を置き、特に被害の大きかった地域の一つ、益城町を中心に、熊本市や西原村、南阿蘇村などへ、地元の行政や団体、全国から集まったボランティアと協力しながら支援活動を展開してきました。

現地にスタッフが常駐する形での緊急支援は、11月1日をもって一区切りとしましたが、今後も現地ニーズに合わせて支援を継続していきます。

ここで、これまでの活動内容を、改めて振り返ってみたいと思います。

 


 

 

■避難所運営サポート

活動の柱の一つとなったのが、広安小学校、グランメッセ熊本(熊本産業展示場)の2カ所に設置された避難所での運営サポートです。益城町からの依頼を受け、4月26日にはスタッフを派遣、被災者の皆さんの生活環境改善のほか、自主運営の促進なども含めたサポートに取り組みました。
広安小学校は、一時は800人以上の方の生活の場となっていました。教員の皆さんのほか、避難されてきていた地元区の区長や町役場の職員、他の支援団体の方たちもまじえ、多いときは1日2回のミーティングを実施しながら運営の方向性を決めていきました。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本, 現場レポート | タグ: , , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」終刊のお知らせ

この記事についてTwitterでつぶやく

 

この度、2011年の10月に創刊して以来、石巻の仮設住宅にて配布を行ってきました「仮設きずな新聞」を2016年3月末を持ちまして発行を終えることとなりました。

 

981230_996692810419120_3805730654513406754_o

 

昨年の8月に「仮設きずな新聞」が第100号を迎え、ささやかなお礼の会を開催した際に、「できる限り発行を続けて欲しい」、「毎号楽しみにしている」と嬉しい声も沢山頂いておりました。また、3月には震災から5年が経ち復興公営住宅の建設も進み、新しい生活の場へと移り住んで行かれる方がいる一方で、今後もしばらく仮設住宅での生活を続けられる方がいることも承知しております。

 

終刊の判断にあたり、団体内部でも多くの議論がありました。仮設住宅に住む最後の一人の方が新たな生活の場に移るまで新聞を発行し続ける、という形もあったのかもしれません。しかし、今回は団体としてもより大きな変化を求められることになりました。2011年3月17日に、私たちが石巻での災害支援活動を開始してから、力になれることは何でもしようと、家屋清掃、炊き出し、避難所サポートなど様々な活動を実践してきました。それらは日本全国・世界各地から駆けつけた延べ8万人ものボランティアによるものでした。
続きを読む

カテゴリー: 石巻 | タグ: , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」 第100号を発行

この記事についてTwitterでつぶやく

 

宮城県石巻市で仮設住宅入居者向けて提供している情報誌「仮設きずな新聞」が100号を迎えました。

表紙 中

 

避難所が閉鎖された2011年10月。
津波によって家を失くされた多くの方たちが、応急仮設住宅に移り住むことになりました。漁村部は、比較的集落ごとにまとまって仮設団地への入居となりましたが、それ以外のほとんどの地域では、抽選によって住み慣れた地域から離れてバラバラに仮設団地へと移り住むことになりました。 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート, 石巻 | タグ: , , , , , , |

船旅を活用したキッカケ作り

この記事についてTwitterでつぶやく

 

PBVでは、国際交流の船旅をコーディネートしているNGOピースボートの協力を得て、船上での災害ボランティア育成や防災教育、東北を伝える取り組みを実施しています。ピースボートクルーズは、年に3回の「地球一周の船旅」と年に1回の日韓共催「PEACE & GREEN BOAT」が行われ、各クルーズには約1000名の参加者が乗船していきます。

 

今回は、NGOピースボートと韓国のNPO「環境財団」が共同でコーディネートする「PEACE & GREEN BOAT 2014」に参加してきました。「PEACE & GREEN BOAT」は、平和で持続可能なアジアの未来を目指して日本と韓国からそれぞれほぼ同数の参加者がひとつの船で東アジア各国を巡ります。

2014_11_05 001 霎コ驥主商   -0013

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, リーダートレーニング, 災害ボランティア・トレーニング, 防災教育 | タグ: , , , , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」65号を発刊しました。

この記事についてTwitterでつぶやく

2014年最初のブログは、石巻で続ける「仮設きずな新聞」の話題から。

仮設住宅に暮らす方々への生活情報や心のケアを目的に、2011年10月から開始した支援活動です。もっと暮らしに密着した記事を掲載できる新聞、地域の方々と「一緒につくる新聞」を目指すため、昨年6月に新たな編集・配布体制に切り替え、今日まで続けてきています。読み返してみると、仮設住宅での暮らしが始まってからのこれまでの様子が見えてきます。

毎月10日と25日の月2回発刊、今週で第65号の発刊を迎えました!
● バックナンバー(PDF)は コチラ

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 石巻 | タグ: , , , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」を再刊します!

この記事についてTwitterでつぶやく

2011年10月の創刊から、今年3月の第50号まで発刊・配付を続けてきた石巻市での「仮設きずな新聞」。抽選で入居が決まり、別の土地に移り住むことになった仮設住宅では、生活情報も不足して困っているということから、毎回約5,200部を届けてきました。

●創刊号-第50号 バックナンバーは コチラ

 

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

【石巻】「文通ボランティア」が始まりました!

この記事についてTwitterでつぶやく

東北各地は、厳しい冬を迎えています。
仮設住宅に入居された方々も、早い人でもう1年半が過ぎました。
自力で家やアパートを整えたり、知り合いを頼ったりと、新しい暮らしを始めた方もいます。けれど、まだまだ多くの方がこの「仮」の住まい、「仮」の団地で、生活を続けているのも事実です。

そんな中、楽しく仮設住宅に暮らす住民の方がと交流し、顔の見える関係をつくり、「文通」や「メール」のやりとり、またしばらくして石巻を訪ねたりと、ボランティアと住民の皆さんが長くつながるきっかけづくりを目的に、今月から「石巻・文通ボランティア」が始まりました。

※同行した記者ボランティア・高橋さんのレポートは コチラ

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 石巻 | タグ: , , , |

【石巻】 お茶っこ。

この記事についてTwitterでつぶやく

仮設きずな新聞」「畑づくり」「ベンチ・プランターづくり」など、昨年10月から続けている石巻での仮設住宅入居者支援。そういったプロジェクトのニーズが尋ねるためにも、まず大切なのが住民の方々とのコミュニケーションです。今日は、市内の各団地を巡り、計600回を越えて実施してきたコミュニケーションの場「お茶っこ(お茶会)」のレポートです。

続きを読む

カテゴリー: 現場レポート, 石巻 | タグ: , , , , |

自慢の野菜ができました。 畑づくり支援・近況レポート

この記事についてTwitterでつぶやく

石巻の方々から、「こんなに野菜が大きくなったことを、手伝ってくれたボランティアさんにも知らせて欲しい」という声をいただきました。数ヶ月ぶりのレポートになりますが、「畑づくり支援」の報告です。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 石巻 | タグ: , , , , , , , |

「ポストはどこなの?」

この記事についてTwitterでつぶやく

石巻市の仮設住宅運営管理室のホームページでも公開されている、仮設住宅の団地別周辺地図。「仮設きずな新聞」を配布する中で、住民の皆さんから聞いた「困った」の声に対してボランティアが自主的に作成を始めたものです。

続きを読む

カテゴリー: 現場レポート, 石巻 | タグ: , , , , , |

ブログアーカイブ

【熊本報告】 支援活動を振り返って [避難所運営サポート編]

この記事についてTwitterでつぶやく

 

今年4月に発生した熊本地震から、8ヶ月以上の月日が経過しました。
PBVでは、地震発生直後から情報収集を開始し、2度目の震度7の本震が起こった4月16日にスタッフを現地に派遣。その後、熊本に拠点を置き、特に被害の大きかった地域の一つ、益城町を中心に、熊本市や西原村、南阿蘇村などへ、地元の行政や団体、全国から集まったボランティアと協力しながら支援活動を展開してきました。

現地にスタッフが常駐する形での緊急支援は、11月1日をもって一区切りとしましたが、今後も現地ニーズに合わせて支援を継続していきます。

ここで、これまでの活動内容を、改めて振り返ってみたいと思います。

 


 

 

■避難所運営サポート

活動の柱の一つとなったのが、広安小学校、グランメッセ熊本(熊本産業展示場)の2カ所に設置された避難所での運営サポートです。益城町からの依頼を受け、4月26日にはスタッフを派遣、被災者の皆さんの生活環境改善のほか、自主運営の促進なども含めたサポートに取り組みました。
広安小学校は、一時は800人以上の方の生活の場となっていました。教員の皆さんのほか、避難されてきていた地元区の区長や町役場の職員、他の支援団体の方たちもまじえ、多いときは1日2回のミーティングを実施しながら運営の方向性を決めていきました。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本, 現場レポート | タグ: , , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」終刊のお知らせ

この記事についてTwitterでつぶやく

 

この度、2011年の10月に創刊して以来、石巻の仮設住宅にて配布を行ってきました「仮設きずな新聞」を2016年3月末を持ちまして発行を終えることとなりました。

 

981230_996692810419120_3805730654513406754_o

 

昨年の8月に「仮設きずな新聞」が第100号を迎え、ささやかなお礼の会を開催した際に、「できる限り発行を続けて欲しい」、「毎号楽しみにしている」と嬉しい声も沢山頂いておりました。また、3月には震災から5年が経ち復興公営住宅の建設も進み、新しい生活の場へと移り住んで行かれる方がいる一方で、今後もしばらく仮設住宅での生活を続けられる方がいることも承知しております。

 

終刊の判断にあたり、団体内部でも多くの議論がありました。仮設住宅に住む最後の一人の方が新たな生活の場に移るまで新聞を発行し続ける、という形もあったのかもしれません。しかし、今回は団体としてもより大きな変化を求められることになりました。2011年3月17日に、私たちが石巻での災害支援活動を開始してから、力になれることは何でもしようと、家屋清掃、炊き出し、避難所サポートなど様々な活動を実践してきました。それらは日本全国・世界各地から駆けつけた延べ8万人ものボランティアによるものでした。
続きを読む

カテゴリー: 石巻 | タグ: , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」 第100号を発行

この記事についてTwitterでつぶやく

 

宮城県石巻市で仮設住宅入居者向けて提供している情報誌「仮設きずな新聞」が100号を迎えました。

表紙 中

 

避難所が閉鎖された2011年10月。
津波によって家を失くされた多くの方たちが、応急仮設住宅に移り住むことになりました。漁村部は、比較的集落ごとにまとまって仮設団地への入居となりましたが、それ以外のほとんどの地域では、抽選によって住み慣れた地域から離れてバラバラに仮設団地へと移り住むことになりました。 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート, 石巻 | タグ: , , , , , , |

船旅を活用したキッカケ作り

この記事についてTwitterでつぶやく

 

PBVでは、国際交流の船旅をコーディネートしているNGOピースボートの協力を得て、船上での災害ボランティア育成や防災教育、東北を伝える取り組みを実施しています。ピースボートクルーズは、年に3回の「地球一周の船旅」と年に1回の日韓共催「PEACE & GREEN BOAT」が行われ、各クルーズには約1000名の参加者が乗船していきます。

 

今回は、NGOピースボートと韓国のNPO「環境財団」が共同でコーディネートする「PEACE & GREEN BOAT 2014」に参加してきました。「PEACE & GREEN BOAT」は、平和で持続可能なアジアの未来を目指して日本と韓国からそれぞれほぼ同数の参加者がひとつの船で東アジア各国を巡ります。

2014_11_05 001 霎コ驥主商   -0013

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, リーダートレーニング, 災害ボランティア・トレーニング, 防災教育 | タグ: , , , , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」65号を発刊しました。

この記事についてTwitterでつぶやく

2014年最初のブログは、石巻で続ける「仮設きずな新聞」の話題から。

仮設住宅に暮らす方々への生活情報や心のケアを目的に、2011年10月から開始した支援活動です。もっと暮らしに密着した記事を掲載できる新聞、地域の方々と「一緒につくる新聞」を目指すため、昨年6月に新たな編集・配布体制に切り替え、今日まで続けてきています。読み返してみると、仮設住宅での暮らしが始まってからのこれまでの様子が見えてきます。

毎月10日と25日の月2回発刊、今週で第65号の発刊を迎えました!
● バックナンバー(PDF)は コチラ

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 石巻 | タグ: , , , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」を再刊します!

この記事についてTwitterでつぶやく

2011年10月の創刊から、今年3月の第50号まで発刊・配付を続けてきた石巻市での「仮設きずな新聞」。抽選で入居が決まり、別の土地に移り住むことになった仮設住宅では、生活情報も不足して困っているということから、毎回約5,200部を届けてきました。

●創刊号-第50号 バックナンバーは コチラ

 

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

【石巻】「文通ボランティア」が始まりました!

この記事についてTwitterでつぶやく

東北各地は、厳しい冬を迎えています。
仮設住宅に入居された方々も、早い人でもう1年半が過ぎました。
自力で家やアパートを整えたり、知り合いを頼ったりと、新しい暮らしを始めた方もいます。けれど、まだまだ多くの方がこの「仮」の住まい、「仮」の団地で、生活を続けているのも事実です。

そんな中、楽しく仮設住宅に暮らす住民の方がと交流し、顔の見える関係をつくり、「文通」や「メール」のやりとり、またしばらくして石巻を訪ねたりと、ボランティアと住民の皆さんが長くつながるきっかけづくりを目的に、今月から「石巻・文通ボランティア」が始まりました。

※同行した記者ボランティア・高橋さんのレポートは コチラ

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 石巻 | タグ: , , , |

【石巻】 お茶っこ。

この記事についてTwitterでつぶやく

仮設きずな新聞」「畑づくり」「ベンチ・プランターづくり」など、昨年10月から続けている石巻での仮設住宅入居者支援。そういったプロジェクトのニーズが尋ねるためにも、まず大切なのが住民の方々とのコミュニケーションです。今日は、市内の各団地を巡り、計600回を越えて実施してきたコミュニケーションの場「お茶っこ(お茶会)」のレポートです。

続きを読む

カテゴリー: 現場レポート, 石巻 | タグ: , , , , |

自慢の野菜ができました。 畑づくり支援・近況レポート

この記事についてTwitterでつぶやく

石巻の方々から、「こんなに野菜が大きくなったことを、手伝ってくれたボランティアさんにも知らせて欲しい」という声をいただきました。数ヶ月ぶりのレポートになりますが、「畑づくり支援」の報告です。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 石巻 | タグ: , , , , , , , |

「ポストはどこなの?」

この記事についてTwitterでつぶやく

石巻市の仮設住宅運営管理室のホームページでも公開されている、仮設住宅の団地別周辺地図。「仮設きずな新聞」を配布する中で、住民の皆さんから聞いた「困った」の声に対してボランティアが自主的に作成を始めたものです。

続きを読む

カテゴリー: 現場レポート, 石巻 | タグ: , , , , , |