ブログアーカイブ

【熊本報告】 支援活動を振り返って [災害ボランティアセンター編]

この記事についてTwitterでつぶやく

 

■災害ボランティアセンター運営サポート

 

これまで各地の被災地支援に携わってきた経験を活かし、地元の災害ボランティアセンター設置にあたって、立ち上げやその後の運営のサポートを行いました。

熊本市社会福祉協議会が設置した、熊本市災害ボランティアセンターの南区城南・富合サテライトには、5月13日から6月26日の閉所日まで、延べ86名のスタッフ、ボランティアを派遣。また、西原村社会福祉協議会が設置した西原村災害ボランティアセンター(後に西原村復興支援災害ボランティアセンターに名称変更)へは、6月7日から10月31日まで延べ738名を派遣しました。

 

%e6%b4%bb%e5%8b%95%e6%a7%98%e5%ad%90-2 %e7%86%8a%e6%9c%ac%e5%b8%82%e7%81%bd%e3%83%9c%e3%83%a9 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , |

【熊本地震】 ボランティア募集開始

この記事についてTwitterでつぶやく

 

熊本地震

災害ボランティア募集開始しました
(現地集合・現地解散)

 

発災より1ヶ月が経過した熊本では、長期化する避難所生活が住民への心身的な負担へとなっています。この状況を少しでも改善しようと、熊本県益城町やその他各地域で支援活動を継続しています。

ゴールデンウィークを過ぎ、現地ではボランティア活動への参加者も減少し始めています。この状況を受け、PBVとしても、一週間以上滞在・活動が可能で、現地集合・現地解散できるボランティアを募集しています。

▼「熊本地震 災害ボランティア」の募集要項・応募方法は  コチラ

Kenji Chiga01

 

 

続きを読む

カテゴリー: 熊本 | タグ: , , , , , |

【石巻】 ボランティア活動感謝のつどい

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月16日に『ボランティア活動感謝のつどい』が石巻専修大学にて行われました。
暴風が続いている石巻でしたが、この日だけは天候に恵まれ、桜が咲き乱れるなか多くのボランティアや地元で受け入れた方たちが集いました。

 

5年前には、ボランティア達のテントが敷き詰められていたグランドは綺麗に整備され、運動部の学生達が練習に勤しんでいました。会場に到着すると、地元のお母さん達が作る「石巻焼きそば」や「おくずかけ」などが振舞われました。快晴の中行われたオープニングには、雄勝町伊達の黒船太鼓のみなさんが力強いパフォーマンスから始まりました。

 

感謝の集い2

 

当時、災害ボランティアセンターや各団体の連絡協議会などで使用されていた5号館に移り、石巻市や社会福祉協議会、石巻専修大学の各代表者から5年間に及ぶボランティア活動への感謝が述べられました。
そして、4月14日に熊本で発生した地震被害に想いを馳せ、これまでに自然災害で亡くなられた方々に全員で黙祷を捧げました。

 

今回、『ボランティア活動感謝のつどい』を企画されたのは、ボランティアの受入れを一手に担い、ボランティアと共に活動を続けてきた石巻のお父さん達です。

 

感謝の集い1 感謝の集い3

 

感謝の集い4 感謝の集い7

 

 

受け入れ側の苦労話や決断、ボランティアのひたむきさに勇気付けられたことなど、話題には事欠かずに沢山の想いを伝えて頂きました。

 

感謝の集い5 感謝の集い6

 

 

そして、これからも繋がりながら、これからの石巻とも共に歩んでいけるような会となりました。

石巻のお父さん達、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

カテゴリー: 石巻, 雑記・その他 | タグ: , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 茨城県常総市現地レポート

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日に発生した関東・東北豪雨の被害から約3ヶ月が経過しました。
台風18号の影響から、記録的な大雨が降り続け、鬼怒川を含め複数の河川が決壊または氾濫しました。被害は複数県にまたがり、茨城県・栃木県・宮城県を中心に被災した家屋は15,000戸をゆうに超え、東日本大震災以降では、最大規模の災害となってしまいました。
PBVでは、9月11日に特に被害が大きかった地域に向けて先遣スタッフを派遣し被災状況の確認や災害ボランティアセンターの開設や運営状況の聞き取り、また関係機関からの情報収集を行いました。

現地から支援要請のあった宮城県大崎市の災害ボランティアセンターの運営サポートを実施しました。また、最も甚大な被害を受けた茨城県常総市でも、外部からの支援が必要と判断し活動を開始しました。常総市では、鬼怒川の堤防が決壊した影響により、8,262戸の家屋被害があり(茨城県発表12月18日)、水田の多くある地域では、用水路からも水が溢れ出し、市内で浸水した地域は40平方キロメートルに及びます。農作物への被害も深刻で、収穫間近だった稲穂が広範囲に渡ってなぎ倒され、壊滅的な被害を受けました。

 

2015-10-13-16.21.08-1024x768 2015-10-13-16.22.47-768x1024

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 豪雨水害から1ヶ月、ボランティアインタビュー

この記事についてTwitterでつぶやく

 

大雨の影響によって大規模な浸水被害発生した「関東・東北豪雨災害」から1ヶ月が経とうとしています。今回は、友人と茨城県常総市に日帰りのボランティアに参加した松村真澄さんに、被災地の様子やボランティア活動の様子を伺いました。

===============

 

Q : なぜボランティア活動に参加してみようと思い立ったのですか?

 

普段は、群馬に暮らしています。茨城県は車で行けて比較的近いので、友人達と一緒にボランティアに参加しようと思いました。何人かの友人に声をかけて、都合のついた一人と参加しました。あとは、PBVのボランティアでは、作業の装備を貸し出していて、当日昼食の準備をするのと作業できる服装で行けば良かったので、それも助かりました。

続きを読む

カテゴリー: インタビュー, 現場レポート | タグ: , , , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 常総市でのPBVボランティア募集開始!

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日に発生した大雨によって、茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し10,000軒以上の家屋に浸水の被害が出ました。水田の多くある地域では、用水路からも水が溢れ出し、市内で浸水した地域は40平方キロメートルに及びます。農作物への被害も深刻で、収穫間近だった稲穂が広範囲に渡ってなぎ倒され、壊滅的な被害を受けました。避難所では、未だに900人以上の方が避難生活を強いられています。PBVでは、地元社会福祉協議会が運営する「常総市災害ボランティアセンター」の運営サポートを行いながら、地元のNPOや、支援団体と連携しながら被災者への支援活動を行っています。

 

12042998_912604568813979_8463017114226377848_n 12036779_912604672147302_8459734392626099270_n 予備_常総市視察 11934960_909393422468427_142666860508745813_n

 

 

■生活を再建するには、家屋の清掃に人手が必要!!

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 支援活動を開始しました

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日、台風18号の影響によって降り続いた大雨により、北関東・東北各地で河川の氾濫や冠水、土砂崩れなど大きな被害をもたらしました。家屋へも甚大な被害があり、多くの方たちが避難生活を送っています。

床上浸水7,093件、床下浸水11,688件   避難所56箇所、避難者数2,744名
内閣府発表:9月16日現在)

 

PBVでは、9月11日に特に被害が大きかった茨城県・栃木県・宮城県に向けて先遣スタッフを3名派遣し現地状況の把握に努めました。訪れた地域では、現地の被災状況を確認し、地元の社会福祉協議会から災害ボランティアセンターの開設や運営状況の聞き取り、また関係機関からの情報収集を行いました。PBVも加盟している「震災がつなぐ全国ネットワーク」などネットワーク団体や各支援団体との情報交換も行ってきました。先遣スタッフの動きは、PBVフェイスブックでも紹介しています。現地の被害の大きさも勿論ですが、被災した地域の力によって、復旧できる状況にあるのかどうかも、大切な視点です。

 

11201106_909393359135100_5269704632633760947_n 12003998_909393369135099_1428275153657648336_n

11934960_909393422468427_142666860508745813_n 12003371_909393462468423_4214927016770183532_n 12004038_911330862274683_1728585474007026393_n 12004077_910976935643409_3734345625558595925_n

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, リーダートレーニング, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】現地レポート(3)~地元ボランティアの為の環境づくり~

この記事についてTwitterでつぶやく

前回のブログ(現地レポート(2)~子ども達の学びの場を取り戻す~)では、被災してしまった学校の仮設校舎の建設や学習用品の提供に関して、お伝えしました。今回は、PBVが行っているもう一つの支援プロジェクトをお伝えします。

 

PBVの先遣隊がネパールでの調査活動に入った当初、地元パートナー団体である「CWIN (Child Workers in Nepal)」には、若者を中心とした多くのボランティアが駆けつけていました。しかし、通常は子ども支援を行っているCWINとしては災害支援に関わるボランティアの受入れや運営、安全管理に苦慮していました。

これまでに、災害ボランティアセンターの運営サポートや災害ボランティアの育成を行ってきたPBVでは、そのノウハウを活かせるのではないかと考え、先遣スタッフの一人として現地入りしていたセイフティオフィサーを中心に、CWIN職員向けのレクチャーを行いました。CWINの事務所に集まっていた若いボランティアの力を活かしながら、スムーズにかつ安全に活動する為に行ったレクチャーは、職員からも良い評価を頂きました。その後は、CWINが独自に災害ボランティアセンターの立ち上げと円滑な運営ができるように、PBVとしては支援をする予定でした。

 

CWINボラ1 CWINボラ2

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】 現地報告会から第二次支援に向けて

この記事についてTwitterでつぶやく

 

ネパールの大震災から、1ヶ月が経ちました。
現地は、落ち着きを取り戻しつつありますが、地域によっては厳しい状況が続いています。

 
ネパールで地震災害が発生した地域での先遣調査と支援活動を実施していたPBVスタッフが一時帰国し、5月21日に現地報告会を行いました。PBVでは、5月3日にネパールに先遣職員を派遣し、現地の被害状況やニーズの調査、また支援物資の配布などを行ってきました。
11007722_842164379191332_4575348417988221560_nネパール報告会2

 

報告会では、まずはPBV海外プログラム担当のロビン・ルイスから現地状況の説明を行いました。

首都のカトマンズ市内では、多く人達が広場やバスロータリー、公園などで簡易なテントを建て共同生活している状況です。ネパールでは、レンガ造りの家が多く、比較的耐久性が弱いために、多くの家屋が倒壊してしまいました。家を無くした人がテントでの生活を強いられていますが、半壊の家屋でも「余震のために家で寝るのが怖い」という声を多く聞きました。5月12日に発生した大きな余震では、パニック状態になった方もいて、その恐怖心が伝わってきました。カトマンズは人口密度が高く、また平野部が少ないために、街には広い場所が少ないのも問題になっています。そして、今後数週間で雨季が始まるので、緊急シェルターの必要性が高まっています。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 報告会・説明会情報, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

長野県神城断層地震 活動レポート

この記事についてTwitterでつぶやく

PBVでは11月22日に発生した長野県神城断層地震へ対し、11月25日に先遣スタッフを派遣し現地調査を行ないました。地元の関係機関や災害支援の広域ネットークである「震災がつなぐ全国ネットワーク」との協議を行なった結果、長野県白馬村への支援を決定しました。

 

12月1日よりスタッフ1名を派遣し、地震によって家屋への損傷が大きく、現地の白馬村災害ボランティアセンターでは対応が難しいケースを中心に、建築の専門家や被災地での経験が豊富な団体や個人のボランティア方との協働チームをつくり対応に当たりました。

① ②

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , |

ブログアーカイブ

【熊本報告】 支援活動を振り返って [災害ボランティアセンター編]

この記事についてTwitterでつぶやく

 

■災害ボランティアセンター運営サポート

 

これまで各地の被災地支援に携わってきた経験を活かし、地元の災害ボランティアセンター設置にあたって、立ち上げやその後の運営のサポートを行いました。

熊本市社会福祉協議会が設置した、熊本市災害ボランティアセンターの南区城南・富合サテライトには、5月13日から6月26日の閉所日まで、延べ86名のスタッフ、ボランティアを派遣。また、西原村社会福祉協議会が設置した西原村災害ボランティアセンター(後に西原村復興支援災害ボランティアセンターに名称変更)へは、6月7日から10月31日まで延べ738名を派遣しました。

 

%e6%b4%bb%e5%8b%95%e6%a7%98%e5%ad%90-2 %e7%86%8a%e6%9c%ac%e5%b8%82%e7%81%bd%e3%83%9c%e3%83%a9 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , |

【熊本地震】 ボランティア募集開始

この記事についてTwitterでつぶやく

 

熊本地震

災害ボランティア募集開始しました
(現地集合・現地解散)

 

発災より1ヶ月が経過した熊本では、長期化する避難所生活が住民への心身的な負担へとなっています。この状況を少しでも改善しようと、熊本県益城町やその他各地域で支援活動を継続しています。

ゴールデンウィークを過ぎ、現地ではボランティア活動への参加者も減少し始めています。この状況を受け、PBVとしても、一週間以上滞在・活動が可能で、現地集合・現地解散できるボランティアを募集しています。

▼「熊本地震 災害ボランティア」の募集要項・応募方法は  コチラ

Kenji Chiga01

 

 

続きを読む

カテゴリー: 熊本 | タグ: , , , , , |

【石巻】 ボランティア活動感謝のつどい

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月16日に『ボランティア活動感謝のつどい』が石巻専修大学にて行われました。
暴風が続いている石巻でしたが、この日だけは天候に恵まれ、桜が咲き乱れるなか多くのボランティアや地元で受け入れた方たちが集いました。

 

5年前には、ボランティア達のテントが敷き詰められていたグランドは綺麗に整備され、運動部の学生達が練習に勤しんでいました。会場に到着すると、地元のお母さん達が作る「石巻焼きそば」や「おくずかけ」などが振舞われました。快晴の中行われたオープニングには、雄勝町伊達の黒船太鼓のみなさんが力強いパフォーマンスから始まりました。

 

感謝の集い2

 

当時、災害ボランティアセンターや各団体の連絡協議会などで使用されていた5号館に移り、石巻市や社会福祉協議会、石巻専修大学の各代表者から5年間に及ぶボランティア活動への感謝が述べられました。
そして、4月14日に熊本で発生した地震被害に想いを馳せ、これまでに自然災害で亡くなられた方々に全員で黙祷を捧げました。

 

今回、『ボランティア活動感謝のつどい』を企画されたのは、ボランティアの受入れを一手に担い、ボランティアと共に活動を続けてきた石巻のお父さん達です。

 

感謝の集い1 感謝の集い3

 

感謝の集い4 感謝の集い7

 

 

受け入れ側の苦労話や決断、ボランティアのひたむきさに勇気付けられたことなど、話題には事欠かずに沢山の想いを伝えて頂きました。

 

感謝の集い5 感謝の集い6

 

 

そして、これからも繋がりながら、これからの石巻とも共に歩んでいけるような会となりました。

石巻のお父さん達、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

カテゴリー: 石巻, 雑記・その他 | タグ: , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 茨城県常総市現地レポート

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日に発生した関東・東北豪雨の被害から約3ヶ月が経過しました。
台風18号の影響から、記録的な大雨が降り続け、鬼怒川を含め複数の河川が決壊または氾濫しました。被害は複数県にまたがり、茨城県・栃木県・宮城県を中心に被災した家屋は15,000戸をゆうに超え、東日本大震災以降では、最大規模の災害となってしまいました。
PBVでは、9月11日に特に被害が大きかった地域に向けて先遣スタッフを派遣し被災状況の確認や災害ボランティアセンターの開設や運営状況の聞き取り、また関係機関からの情報収集を行いました。

現地から支援要請のあった宮城県大崎市の災害ボランティアセンターの運営サポートを実施しました。また、最も甚大な被害を受けた茨城県常総市でも、外部からの支援が必要と判断し活動を開始しました。常総市では、鬼怒川の堤防が決壊した影響により、8,262戸の家屋被害があり(茨城県発表12月18日)、水田の多くある地域では、用水路からも水が溢れ出し、市内で浸水した地域は40平方キロメートルに及びます。農作物への被害も深刻で、収穫間近だった稲穂が広範囲に渡ってなぎ倒され、壊滅的な被害を受けました。

 

2015-10-13-16.21.08-1024x768 2015-10-13-16.22.47-768x1024

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 豪雨水害から1ヶ月、ボランティアインタビュー

この記事についてTwitterでつぶやく

 

大雨の影響によって大規模な浸水被害発生した「関東・東北豪雨災害」から1ヶ月が経とうとしています。今回は、友人と茨城県常総市に日帰りのボランティアに参加した松村真澄さんに、被災地の様子やボランティア活動の様子を伺いました。

===============

 

Q : なぜボランティア活動に参加してみようと思い立ったのですか?

 

普段は、群馬に暮らしています。茨城県は車で行けて比較的近いので、友人達と一緒にボランティアに参加しようと思いました。何人かの友人に声をかけて、都合のついた一人と参加しました。あとは、PBVのボランティアでは、作業の装備を貸し出していて、当日昼食の準備をするのと作業できる服装で行けば良かったので、それも助かりました。

続きを読む

カテゴリー: インタビュー, 現場レポート | タグ: , , , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 常総市でのPBVボランティア募集開始!

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日に発生した大雨によって、茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し10,000軒以上の家屋に浸水の被害が出ました。水田の多くある地域では、用水路からも水が溢れ出し、市内で浸水した地域は40平方キロメートルに及びます。農作物への被害も深刻で、収穫間近だった稲穂が広範囲に渡ってなぎ倒され、壊滅的な被害を受けました。避難所では、未だに900人以上の方が避難生活を強いられています。PBVでは、地元社会福祉協議会が運営する「常総市災害ボランティアセンター」の運営サポートを行いながら、地元のNPOや、支援団体と連携しながら被災者への支援活動を行っています。

 

12042998_912604568813979_8463017114226377848_n 12036779_912604672147302_8459734392626099270_n 予備_常総市視察 11934960_909393422468427_142666860508745813_n

 

 

■生活を再建するには、家屋の清掃に人手が必要!!

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 支援活動を開始しました

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日、台風18号の影響によって降り続いた大雨により、北関東・東北各地で河川の氾濫や冠水、土砂崩れなど大きな被害をもたらしました。家屋へも甚大な被害があり、多くの方たちが避難生活を送っています。

床上浸水7,093件、床下浸水11,688件   避難所56箇所、避難者数2,744名
内閣府発表:9月16日現在)

 

PBVでは、9月11日に特に被害が大きかった茨城県・栃木県・宮城県に向けて先遣スタッフを3名派遣し現地状況の把握に努めました。訪れた地域では、現地の被災状況を確認し、地元の社会福祉協議会から災害ボランティアセンターの開設や運営状況の聞き取り、また関係機関からの情報収集を行いました。PBVも加盟している「震災がつなぐ全国ネットワーク」などネットワーク団体や各支援団体との情報交換も行ってきました。先遣スタッフの動きは、PBVフェイスブックでも紹介しています。現地の被害の大きさも勿論ですが、被災した地域の力によって、復旧できる状況にあるのかどうかも、大切な視点です。

 

11201106_909393359135100_5269704632633760947_n 12003998_909393369135099_1428275153657648336_n

11934960_909393422468427_142666860508745813_n 12003371_909393462468423_4214927016770183532_n 12004038_911330862274683_1728585474007026393_n 12004077_910976935643409_3734345625558595925_n

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, リーダートレーニング, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】現地レポート(3)~地元ボランティアの為の環境づくり~

この記事についてTwitterでつぶやく

前回のブログ(現地レポート(2)~子ども達の学びの場を取り戻す~)では、被災してしまった学校の仮設校舎の建設や学習用品の提供に関して、お伝えしました。今回は、PBVが行っているもう一つの支援プロジェクトをお伝えします。

 

PBVの先遣隊がネパールでの調査活動に入った当初、地元パートナー団体である「CWIN (Child Workers in Nepal)」には、若者を中心とした多くのボランティアが駆けつけていました。しかし、通常は子ども支援を行っているCWINとしては災害支援に関わるボランティアの受入れや運営、安全管理に苦慮していました。

これまでに、災害ボランティアセンターの運営サポートや災害ボランティアの育成を行ってきたPBVでは、そのノウハウを活かせるのではないかと考え、先遣スタッフの一人として現地入りしていたセイフティオフィサーを中心に、CWIN職員向けのレクチャーを行いました。CWINの事務所に集まっていた若いボランティアの力を活かしながら、スムーズにかつ安全に活動する為に行ったレクチャーは、職員からも良い評価を頂きました。その後は、CWINが独自に災害ボランティアセンターの立ち上げと円滑な運営ができるように、PBVとしては支援をする予定でした。

 

CWINボラ1 CWINボラ2

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】 現地報告会から第二次支援に向けて

この記事についてTwitterでつぶやく

 

ネパールの大震災から、1ヶ月が経ちました。
現地は、落ち着きを取り戻しつつありますが、地域によっては厳しい状況が続いています。

 
ネパールで地震災害が発生した地域での先遣調査と支援活動を実施していたPBVスタッフが一時帰国し、5月21日に現地報告会を行いました。PBVでは、5月3日にネパールに先遣職員を派遣し、現地の被害状況やニーズの調査、また支援物資の配布などを行ってきました。
11007722_842164379191332_4575348417988221560_nネパール報告会2

 

報告会では、まずはPBV海外プログラム担当のロビン・ルイスから現地状況の説明を行いました。

首都のカトマンズ市内では、多く人達が広場やバスロータリー、公園などで簡易なテントを建て共同生活している状況です。ネパールでは、レンガ造りの家が多く、比較的耐久性が弱いために、多くの家屋が倒壊してしまいました。家を無くした人がテントでの生活を強いられていますが、半壊の家屋でも「余震のために家で寝るのが怖い」という声を多く聞きました。5月12日に発生した大きな余震では、パニック状態になった方もいて、その恐怖心が伝わってきました。カトマンズは人口密度が高く、また平野部が少ないために、街には広い場所が少ないのも問題になっています。そして、今後数週間で雨季が始まるので、緊急シェルターの必要性が高まっています。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 報告会・説明会情報, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

長野県神城断層地震 活動レポート

この記事についてTwitterでつぶやく

PBVでは11月22日に発生した長野県神城断層地震へ対し、11月25日に先遣スタッフを派遣し現地調査を行ないました。地元の関係機関や災害支援の広域ネットークである「震災がつなぐ全国ネットワーク」との協議を行なった結果、長野県白馬村への支援を決定しました。

 

12月1日よりスタッフ1名を派遣し、地震によって家屋への損傷が大きく、現地の白馬村災害ボランティアセンターでは対応が難しいケースを中心に、建築の専門家や被災地での経験が豊富な団体や個人のボランティア方との協働チームをつくり対応に当たりました。

① ②

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , |