わが家の災害対応ワークショップ

ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では、各家庭での防災・減災の取り組みを考えるワークショップを実施しています。防災に関する情報は、様々な機関から多く提供されていますが、私達はどれほどそれらの情報を活用できているでしょうか。「わが家の災害対応ワークショップ」では、家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、被災した状況をイメージしながら、具体的に「わが家」で役に立つ災害対応や備えを考えます。
わが家の災害対応
ワークショップ講習時間90分 資料代:500円
講師派遣全国各地へ出張 内容のアレンジも可
ワークブック(立ち読みコーナー)ワークショップ用テキスト 500円(税込)

ワークショップ概要

対象 どなたでも(16歳以上推奨)
実施時間 90分
最少催行人数 5人(定員は、各会場により異なります)
講師 PBVスタッフ、もしくはPBV認定トレーナー
受講料 500円(ワークブック代)
持ち物 筆記用具 お住まいの地域の避難場所・避難所が記載されている地図 (例えば:ハザードマップ、防災マップ、避難所マップなど)

ワークショップ開催日程

近日公開
日時会場
12/02(土)13:00-14:30
東京都渋谷区
モンベル渋谷店 5F/地図
予約する

※開始時間20分前に開場します。開始時間に遅れないようにご参加ください。

予約方法

  • オンラインフォーム:上記の開催日程の「予約する」をクリックしてください。
  • 電話:03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休) お電話にて、下記の項目をお伝えください。
    1. 参加希望日程と会場
    2. お名前
    3. フリガナ
    4. ご住所
    5. TEL(固定/携帯)
    6. メールアドレス(PC/携帯)
    7. ご年齢
    8. 性別
    9. ご職業
※個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。

ワークショップ内容

「わが家の災害対応ワークショップ」は、誰でも使える「わが家の災害対応ワークブック」(小冊子)を使用しながら、小グループに分かれて各家庭に必要な災害対応や備えを検討します。ワークショップ終了後には、家族で話し合うべき事や備えに必要な内容が分かります。

第1部 身のまわりを知る

講師の進行とワークブック(テキスト)に従って、受講者自身の家族・自宅・地域の特徴や災害時に潜んでいる危険性を確認します。また、持参していただいた防災マップ・ハザードマップなどの使い方を紹介します。

第2部 イメージする

自分自身または家族が被災した状況を想定し、その後3日間(72時間)以内に起こるであろう出来事を、「災害イメージシート」を使って具体的にイメージします。また、その中で対応に迷ったことや困ったことをグループで共有します。

第3部 対応を考える

災害時に必要な基本的な対応方法や知識をクイズ形式で学びます。また、各家庭で必要な備え(災害用備蓄品、非常時持ち出し袋)の中身を考えます。最後に、「わが家の災害時役立ち情報シート」を使って、家に帰ってから同居者で話し合うべきことを確認します。

受講者からの感想

あっという間の1時間半でした。きちんと見直す、予想してみるとやるべきことに次々と気が付きます。家族とシェアしたいと思います。(40代女性、会社員)
改めて、地震に対しての対策を考え直そうと思いました。防災マップを確認し、非常食の準備などを家族とやりたいです。学校の授業でこのように災害に対して考えるのは大事なことだと思いました(20代男性、学生)
災害時に、どんな困難が生じ、どんな準備が必要かを具体的にイメージすることができた。同じマンション内で課題を共有できたことも良かった。(60代男性、会社員)
時系列で、いつ何を考え、どう行動するかをシュミレーションしたことで、何から始めるべきかを知ることができました。(40代女性、主婦)
高校の防災訓練で受講しました。映像やクイズなどもあって、楽しく勉強できました。(10代女性、高校生)