備える・学ぶ研修紹介

災害ボランティアセンター
設置・運営訓練

災害ボランティアセンター(災害VC)の運営には、関係者の共通理解が欠かせません。運営マニュアルに沿った訓練や関係者による意見交換などから、現場と運営のイメージを共有します。

こんなニーズに
こたえられます

  • 災害VC運営を体験したい
  • 災害VC運営マニュアルを改訂したい

対象
社会福祉協議会の職員、災害ボランティアセンターと連携する団体やボランティア
実施時間
4時間
レベル
中~上級
研修費用
営利団体・自治体: 88,000円
非営利団体・学校: 66,000円
  • 別途、旅費交通費のご負担をお願いいたします。
  • 時間やレベル、費用など、ご要望に合わせたアレンジも可能です。お気軽にご相談ください。

研修内容

社協が実施する災害VCの設置・運営訓練にPBVスタッフが参加させていただき、PBVの活動経験や事例をもとにアドバイスや改善点についてお話します。

ケーススタディを行い、多様なニーズに災害VCはどのように対応していけば良いのかを学びます。

訓練後に意見交換会へコンサルタントとして参加します。訓練へのアドバイス以外にもマニュアルの内容や、その他取り組み全般の改善も行っています。

参加した方の感想

大水害のとき苦しい時期を乗り越えることができたのは、ボランティアや民間の支援団体、県内外の社協職員とのネットワークがあったからこそだと感じています。PBVの研修で、ニーズ振り分けや仕組みづくりのポイントを学んでおいて本当によかったです。

(40代、社会福祉協議会職員)

その他の研修

お気軽にご相談くださいお問い合わせ

講演・研修に関するご相談を承っております。
内容の相談・資料パンフレット(無料・郵送可)のご請求は、 メールまたは 電話でご連絡ください。

フォームでのお問い合わせ
メール問い合わせ
電話でのお問い合わせ
資料パンフレット
ダウンロード
資料パンフレットダウンロード

ピースボート災害支援センター新型コロナウィルス感染症対策の取り組み

ピースボート災害支援センターでは、下記のよおうな感染症対策を行っています。

在宅勤務を実施中
在宅勤務を実施中

出勤する場合は、時差出勤制度で、3密状態の通勤を回避しています。

体温測定
体温測定

すべてのスタッフは、毎日の体温と体調状況を記録しています。

感染対策の徹底
三密回避

打合せなどは基本オンラインで実施し、3密を避ける対策を行っています。

マスクの着用
マスクの着用

講師と研修に携わるスタッフは、マスクを着用します。

指手消毒
指手消毒

アルコール消毒や石鹸での手洗いなど、こまめな指手消毒を行っています。

オンライン研修
オンライン研修

オンラインでの研修も行っています。
詳しくは、こちら

PBV新型コロナウイルス影響下における災害支援ガイドライン Ver.2
https://pbv.or.jp/download/pbv_covid19_guideline_v2.pdf

To
Top