その他

●持ち物

・健康保険被保険者証…病院にかかる際に必要です
・ボランティア保険加入証明書…コピー可
・作業着
 ・原則、長袖、長ズボン、スニーカーなど動きやすい恰好
 ・熱中症対策ができるもの
・各自必要な着替えや日用品

※参加期間の気温や天候に合わせてご準備ください。
被災地でのボランティア活動です。見た目がだらしないものや露出の多いものは控えてください。

●貸出可能物品

・ヘルメット
・ゴーグル
・マスク
・ヤッケ
・皮手袋、ゴム手袋
・長靴、安全中敷き

※長靴は23,5cm~28cmまで用意があります。各サイズの数量には限りがありますので、貸出可能サイズ以外の方や完全に一致するサイズをご希望の方はご持参ください。

●生活環境について

▼宿泊場所
・宿泊場所は、倉敷市内にある施設の大広間をご厚意でお借りさせていただいております。
・男女別にパーテーションで区切られたお部屋です。合宿施設などをイメージしてください。
・電源・水道は使用可能です
・自己負担金 1,000円  ※参加日数に関わらず一律
※宿泊拠点は地域の方のご厚意でお借りしている場所ですが、水道・光熱費など必要経費として現地にて徴収させていただきます。 (PBVサポート会員は無料)
▼寝具
・布団、寝袋等を用意しています
▼トイレ
・男女 あり
▼キッチン
・使用不可
・冷蔵庫、電気ポット、電子レンジあり
▼入浴施設
・宿泊施設内に、浴室・シャワー等の設備はありません。近隣の日帰り入浴施設をご利用ください。
天然美肌温泉 満天の湯
▼洗濯
・施設内に洗濯機はありません。必要な方は近くのコインランドリーをご利用ください。(徒歩8分程度)
▼ス―パー、コンビニ
・徒歩圏内にあります。

●その他、情報

・高速道路無料通行申請(倉敷市)
http://kurashikisyakyo.or.jp/caution/car/
・JR西、ボランティア向け低価格きっぷ
https://www.asahi.com/articles/ASL7M64CKL7MPTIL05T.html
・西日本豪雨災害、学生ボランティア交通費支給
https://www.borderless-japan.com/news/corporate/27474/