災害ボランティア入門

個人でできる災害への備え、災害支援に関する一般知識、被災地で注意すべきケガや病気、ボランティアに参加する心構えや持ち物などを学ぶことができます。被災地での活動経験を持つ講師による無料セミナー、パソコンとインターネットで気軽に学べるWeb検定のほか、企業やボランティア団体、地域の自主防災組織などからの依頼に合わせた講師の派遣も可能です。
セミナー講習時間:3時間
参加費:無料
Web検定インターネット検定
受験料:3,240円(税込)
講師派遣全国各地へ出張
内容のアレンジも可

セミナー概要

対象どなたでも(内容のレベルは初級です)
実施時間3時間
最少催行人数5人(定員は、各会場により異なります)
講師PBVスタッフ、もしくは地域のPBVボランティアリーダー
受講料無料
持ち物筆記用具

セミナー開催日程

※開始時間20分前に開場します。開始時間に遅れないようにご参加ください。

予約方法

  • オンラインフォーム:上記の開催日程の「予約する」をクリックしてください。
  • 電話:03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
    お電話にて、下記の項目をお伝えください。
    1. 参加希望日程と会場
    2. お名前
    3. フリガナ
    4. ご住所
    5. TEL(固定/携帯)
    6. メールアドレス(PC/携帯)
    7. ご年齢
    8. 性別
    9. ご職業
    10. 災害ボランティアとしての活動経験の有無
※個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。

セミナー内容

第1部 オリエンテーション+自分が被災した場合

災害の種類や防災と減災の違いなど、災害に関する一般知識を学びます。自分自身が被災した場合、避難する時に気をつけるべき点や、避難生活の注意点、個人で備えておくべき災害用備蓄品などを紹介します。災害ボランティアを行うにも、まずは自分自身の身を守ることが大切です。
冊子「震災に備えて」(日本家政学会編)をプレゼント冊子「震災に備えて」(日本家政学会編)をプレゼント

第2部 災害ボランティアを行なう場合

災害ボランティア活動の種類や、参加するにあたっての心構え、安全管理や注意すべき点などを、自宅を出発してから帰宅するまでの時系列に沿って学びます。また、災害ボランティア活動中に実際に起きた事例に対し、自分ならどうするかを考え、参加者同士で意見を交換しあうワークショップ「クロスロード」を行います。
会場では、防災グッズや災害ボランティアの装備品なども展示会場では、防災グッズや災害ボランティアの装備品なども展示
グループディスカッションによるワークショップも体験グループディスカッションによるワークショップも体験

受講者からの感想

社会福祉協議会が災害時のボランティアを募集する窓口になったりすることを初めて知りました。将来のボランティア活動に活かしていきたいです。(20代男性、学生)
自分に知識や心得がない状況で現地に向かうことは、被災地に迷惑をかけることもあるのではないかと思っていたので、セミナーを通して何に気をつけるべきかを知ることができ、今後は積極的にボランティアに参加していきたいと考えるようになりました。(30代女性、会社員)
ボランティアというものを難しく考えすぎていましたが、前より親近感のようなものが生まれました。(10代女性、学生)
被災者の気持ちへの配慮、後方支援にも色々な活動があることを知る機会になりました。(50代男性、会社員)
現在も豪雨災害への復興ボランティアで活動中ですが、その中で感じていた疑問などが解消できました。救命講習などの大切さも知り、今後受講してみようと思います。(60代男性、ボランティア活動参加者)