12/17 リーダートレーニング説明会&期報告会 【追加情報】

「災害ボランティア・リーダートレーニング」説明会&報告会まで、あと3日となりました。
東京・高田馬場にあるセンターには、第1期、第2期のメンバーが集まり、当日の発表内容の準備などを進めていますが、登壇者などの追加情報をお知らせします。

◎ 12/17のイベント詳細・予約方法は コチラ

◎ 来年のリーダートレーニングの日程詳細・参加方法は コチラ

 

 width= width=

イベントチラシのダウンロードはコチラ (PDFファイル/4.23MG)

 

【その1】

ボランティア・トレーナーの鈴木省一も出演します。

PBVが石巻市で提供した炊き出しの食数は10万食を越えますが、その多くは在宅避難者への宅配でした。当日、石巻から駆けつける鈴木は、支援物資とともに、市内や避難所など36地域へ行ったデリバリーの責任者(AD)を務めていました。炊き出し作業の終了とともに、リーダートレーニングのスタッフに。現在も石巻市で、主に野外活動の想定訓練を担当するボランティア・トレーナーとして活動しています。

 

【その2】

プログラムのパンフレットが完成しました。

リーダートレーニングのパンフレットのデザインが完成、17日にお越しいただいた皆さんには、その他の関連資料とともに、いち早くお渡しできる予定です。

 

【その3】

第2部の対談ゲスト・菅磨志保さんと打ち合わせしてきました。

イベント当日、わざわざ大阪から駆けつけていただける、関西大学で災害社会学を教える菅磨志保(すが・ましほ)さんとお会いしてきました。菅さんは、「ボランティア元年」と呼ばれる阪神淡路大震災をきっかけに、日本の防災・減災について研究を続けています。この16年間で、災害ボランティアがどのような自然災害でどのような仕組みで動いてきたのか、東日本大震災を受けての現場の課題、などをお話いただく予定です。

 

【その4】

イベント当日の発表メンバーを紹介します。

第3部の報告会を担当するプログラム受講生たちを一部紹介します。下記メンバー以外にも、計10名ほどが参加予定。バラエティー豊かな顔ぶれになりそうです。

●山口隼さん(21歳、学生)
PBVのボランティアとして2度、石巻で活動。10月には、和歌山県新宮市熊野川町での台風12号被害への緊急支援にも参加。学生による東北支援団体「NGA」の立ち上げ・運営にも協力した。

●白井秀平さん(26歳、自営業)
ap bank Fund for Japan のボランティアとして、石巻市で4、5、6月の7回に渡って活動。
東北支援のためのボランティア団体を設立し、ドキュメンタリー製作や写真展開催なども行っている。

●エネンドゥ孝子さん(37歳、パート)
PBV東京ボランティアとして支援物資の担当として活動。その後、石巻でのボランティアも4回に渡って参加している。

●中薗博士さん(40歳、会社員)
所属する東京トヨペット株式会社からの派遣ボランティアとして石巻市で活動。PBVとのパートナーシップのCSR担当窓口として、多くの社員ボランティアの参加をコーディネートした。

●河合洋さん(46歳、会社員)
PBVの石巻ボランティアを3度、個人ボランティアとして陸前高田でも活動。台風12号被害を受けた和歌山・奈良でも個人ボランティアとして活動。

※下山田直輝さん(28歳、フリーター)、矢部功泰さん(28歳、フリーター/元舞台俳優)、市場勇樹さん(33歳、フリーター)らも参加予定。その他のメンバーも参加調整中です。

 

たくさんの皆さんのご参加、お待ちしています。