ブログアーカイブ

【チリ】 史上最悪の森林火災への支援

この記事についてTwitterでつぶやく

 

南米チリでは、史上最悪の森林火災の被害が続いています。

 

本年が明けてすぐの1月2日、太平洋に面したチリの港町バルパライソでは、大規模な森林火災が発生しました。その後、同時多発的にチリ各地に火災が広がり、首都サンチアゴ周辺を含め118箇所で森林火災が発生しました。

 

WhatsApp Image 2017-01-24 at 7.57.27 PM WhatsApp Image 2017-01-25 at 8.41.39 AM

写真:CODEFF(チリ動植物保護協会)

 

現地の報道によると、これまでに6000人以上が被災し、1551軒の家屋が倒壊しました。1ヶ月以上も火災が続いており、焼失面積はすでに4,800平方キロメートルにおよび、それは東京都2つ分もの面積におよびます。チリ政府は、近現代史上最悪となるこの森林火災をうけて「国家非常事態宣言」を発令しました。また、各国からの支援も開始されています。

 

現在、南半球は夏の時期となり、山火事が発生しやすい季節です。チリでは、10年近く干ばつが続くなか乾燥と高温、強い風によって被害が広がったもようです。

WhatsApp Image 2017-02-10 at 17.55.31 (1) WhatsApp Image 2017-02-10 at 17.55.31

写真:CODEFF(チリ動植物保護協会)

 

チリのバルパライソの美しい歴史的な街並みは、2003年にユネスコの世界遺産にも登録されており、国際NGOピースボートの地球一周クルーズが頻繁に訪れる港町です。現在、航海中の「第93回 地球一周の船旅」は2月12日に、バルパライソに入港しました。PBVでは現地カウンターパートナーと協働し、日本モーターボート競走会から提供いただいた備蓄食10,000食を火災の被災者へ届けました。船内でも、多くの乗客の皆さんが支援募金にご協力いただきました。

 

P1320522
備蓄食支援の様子は、また後日ブログで紹介します。

 

 

 

 

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

【ハイチ】 ハリケーン・マシューの第二次支援開始

この記事についてTwitterでつぶやく

 

2016年10月4日に、巨大ハリケーン「マシュー」がハイチを襲い甚大な被害をもたらしてから4ヶ月が経過しました。2010年に発生したハイチ大地震以来、最も大きな人道的危機に直面しています。

このハリケーン被害によって、飲料水や生活用水の汚染に起因するコレラや下痢などの病が広がっています。その原因の一つとして、衛生管理や上下水に関連する設備が破壊されたことによって、水源の汚染が進んでいました。

 

地元のカウンターパートナーや国連機関と情報交換を行いながら、PBVではこれらのニーズに対して衛生的な水の提供と地域の衛生環境向上を目的とする第二次支援を開始しました。

 

unnamed-8 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , |

【東北】 Google 「未来への学び」サイトに、東北支援初期のボランティア派遣ナレッジを提供

この記事についてTwitterでつぶやく

 

Googleがスタートした「未来への学び」プロジェクトは、災害の復旧・復興支援に携わった企業や団体が、プロジェクト開始の経緯や予算、人員配置、評価、現地とのネットワーク構築法など、プロジェクトを実現させるための様々な知恵やアイディアを Q&A 方式に沿って整理し、活動を通して得られた各団体の「ナレッジ」を公開しています。

 

支援活動に関わった組織の知恵をオープンにすることで、将来、発生するかもしれない災害やその復興支援において、より迅速で、効果的な施策に繋がることが期待されています。PBVも東日本大震災初動における、災害ボランティア派遣とコーディネートの取り組みについて、ナレッジを提供し、サイトで公開されています。

ぜひご覧ください!

 

 

◆「未来への学び」
災害ボランティアの派遣とコーディネート ピースボート災害ボランティアセンター

 

%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%81%ae%e5%ad%a6%e3%81%b3

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, リーダートレーニング, 東京事務局, 災害ボランティア・トレーニング, 石巻, 防災教育, 雑記・その他 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【熊本地震】 本格的な支援体制への準備

この記事についてTwitterでつぶやく

14日の地震から1週間が経ちました。相変わらず余震が続くなか、被災された方々は落ち着いて眠ることもできず、不安な毎日を過ごしている状態です。避難所、在宅避難、自家用車での生活など、1日も早い環境改善のため、支援関係者も全力で動いています。

IMG_1659

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本 | タグ: , , , , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」終刊のお知らせ

この記事についてTwitterでつぶやく

 

この度、2011年の10月に創刊して以来、石巻の仮設住宅にて配布を行ってきました「仮設きずな新聞」を2016年3月末を持ちまして発行を終えることとなりました。

 

981230_996692810419120_3805730654513406754_o

 

昨年の8月に「仮設きずな新聞」が第100号を迎え、ささやかなお礼の会を開催した際に、「できる限り発行を続けて欲しい」、「毎号楽しみにしている」と嬉しい声も沢山頂いておりました。また、3月には震災から5年が経ち復興公営住宅の建設も進み、新しい生活の場へと移り住んで行かれる方がいる一方で、今後もしばらく仮設住宅での生活を続けられる方がいることも承知しております。

 

終刊の判断にあたり、団体内部でも多くの議論がありました。仮設住宅に住む最後の一人の方が新たな生活の場に移るまで新聞を発行し続ける、という形もあったのかもしれません。しかし、今回は団体としてもより大きな変化を求められることになりました。2011年3月17日に、私たちが石巻での災害支援活動を開始してから、力になれることは何でもしようと、家屋清掃、炊き出し、避難所サポートなど様々な活動を実践してきました。それらは日本全国・世界各地から駆けつけた延べ8万人ものボランティアによるものでした。
続きを読む

カテゴリー: 石巻 | タグ: , , , , , |

【バヌアツ・サイクロン】 緊急支援のその後

この記事についてTwitterでつぶやく

 

今年3月に発生した、巨大サイクロン・パムが太平洋諸島のバヌアツ共和国に大きな被害をもたらしてから約5ヶ月が経過しました。

 

サイクロン・パムは、5段階で評価される勢力で最強レベルの「カテゴリー5」に達し、バヌアツ共和国の首都ポートビラでは最大瞬間風速が約85メートルを記録しました。2013年にフィリピンで7千人以上の死者・行方不明者を出した台風30号(ハイエン)に匹敵するほど、激しい暴風雨でした。

 

このサイクロン被害で、約16万人以上が被災しました。人的な被害は比較的少なかったものの、多くの家屋が倒壊し、農作物には壊滅的な被害が出ました。

 

【バヌアツ・サイクロン】 災害救援調査に、スタッフが現地入り

【バヌアツ・サイクロン】 現地調査レポート

バヌアツ1被害 バヌアツ2被害

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , |

【ネパール地震被害】現地レポート(3)~地元ボランティアの為の環境づくり~

この記事についてTwitterでつぶやく

前回のブログ(現地レポート(2)~子ども達の学びの場を取り戻す~)では、被災してしまった学校の仮設校舎の建設や学習用品の提供に関して、お伝えしました。今回は、PBVが行っているもう一つの支援プロジェクトをお伝えします。

 

PBVの先遣隊がネパールでの調査活動に入った当初、地元パートナー団体である「CWIN (Child Workers in Nepal)」には、若者を中心とした多くのボランティアが駆けつけていました。しかし、通常は子ども支援を行っているCWINとしては災害支援に関わるボランティアの受入れや運営、安全管理に苦慮していました。

これまでに、災害ボランティアセンターの運営サポートや災害ボランティアの育成を行ってきたPBVでは、そのノウハウを活かせるのではないかと考え、先遣スタッフの一人として現地入りしていたセイフティオフィサーを中心に、CWIN職員向けのレクチャーを行いました。CWINの事務所に集まっていた若いボランティアの力を活かしながら、スムーズにかつ安全に活動する為に行ったレクチャーは、職員からも良い評価を頂きました。その後は、CWINが独自に災害ボランティアセンターの立ち上げと円滑な運営ができるように、PBVとしては支援をする予定でした。

 

CWINボラ1 CWINボラ2

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】現地レポート(2)~子ども達の学びの場を取り戻す~

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日にネパールで発生した大規模地震災害から、約2ヶ月が経ちました。

PBVからは2名のスタッフが現地に滞在し、地元団体や日本のNGOらと協力しながら支援活動を続けています。

前回のブログ「現地レポート(1)」でお伝えしたとおり、今回のネパール支援は、長年現地で国際協力事業を行っている日本のNGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」と、地元の子ども支援団体「CWIN (Child Workers in Nepal)」と協働して行っています。

 

その他にも、国連を中心として、政府機関や地元組織、国際支援組織が集まって分野別の支援状況を話し合うクラスターミーティングにも参加しながら情報を集めてきました。クラスターミーティングは、避難所運営、医療、栄養、食糧安全保障など、11の専門分野ごとに分科会が実施され、国内外の団体の支援が重ならないように情報を共有していきます。一方で、大きな支援の枠から漏れてしまったり、地元で上がる細かいニーズや状況を把握しているのは、地道に活動をしてき地元の団体です。それらの情報を元に、被害の大きかった地域への視察を行いながら内容を検討していきました。地域で行われる支援団体間のミーティングは、ネパール語がほとんどで、言語面でも文化面でも地元パートナーの存在は不可欠です。

 

クラスターミーティング クラスターミーティング2
現地では、大きく分けると2つの支援活動を展開しています。一つは、倒壊してしまった学校の代替となる仮設校舎の建設と子ども達が学校生活に必要な物資の提供。二つ目は、地元団体がボランティアを受け入れるにあたっての、災害ボランティアトレーニングです。
まずは、子ども達の学びの場を取り戻す為の支援に関してお伝えします。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】 現地レポート(1)

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日にネパールで発生した大地震では、時間が経つにつれ被害規模が明らかになり、発災から日を追うごとに死者数、負傷者数、倒壊家屋の数が激増していきました。強い揺れによってネパールでは、建物の倒壊、雪崩、土砂災害が発生し、7000人以上の方々が亡くなりました。周辺のインド、中国、バングラディシュなども人的な被害が出ています。

ネパール周辺にあるプレートが引き起こす大規模地震の危険性は以前から指摘されており、仙台での国連防災世界会議でも話題に上がっていました。しかし、地域によっては建物がレンガで造られたものも多く、耐久性が比較的弱いために被害が拡大しました。

 

DSC_0070 11193292_841750092566094_5556852756115331883_n

 

 

 

到着後すぐに今回のネパールにて協働して支援活動を行う(特活)「シャプラニー=市民による海外協力の会(以下、シャプラニール)」の事務所にて日本と現地の職員と共に、被害状況や今後の活動に関して打ち合わせを行いました。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

2015ネパール地震被害 緊急支援を開始します

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日、ネパール第2の都市ポッカラの東約80km地点でマグニチュード7.8の巨大地震が発生しました。ネパール国内および周辺国で犠牲者5,000人以上、負傷者も10,000人を越える甚大な被害をもたらしました。

 

特にネパールの首都カトマンズとその周辺にある農村地域に大きな被害が出ています。各国や国際機関、国際NGOが支援活動を開始してますが、緊急物資や医薬品が不足しています。さらに今後は生存されている方々の困難な避難生活が予想されています。

 

8bitnews_vertical adrajapan_vertical
この被害状況を受け、ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では現地にPBV職員2名を派遣し、緊急人道支援を行うことを決定しました。今回の派遣スタッフは、先月サイクロンに襲われた、バヌアツでの現地調査メンバーでもあるロビン・ルイス、2013年のフィリピン台風30号の現地支援を行ったセイフティ・オフィサーのサイモン・ロジャース。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容 | タグ: , , , , , , , |

ブログアーカイブ

【チリ】 史上最悪の森林火災への支援

この記事についてTwitterでつぶやく

 

南米チリでは、史上最悪の森林火災の被害が続いています。

 

本年が明けてすぐの1月2日、太平洋に面したチリの港町バルパライソでは、大規模な森林火災が発生しました。その後、同時多発的にチリ各地に火災が広がり、首都サンチアゴ周辺を含め118箇所で森林火災が発生しました。

 

WhatsApp Image 2017-01-24 at 7.57.27 PM WhatsApp Image 2017-01-25 at 8.41.39 AM

写真:CODEFF(チリ動植物保護協会)

 

現地の報道によると、これまでに6000人以上が被災し、1551軒の家屋が倒壊しました。1ヶ月以上も火災が続いており、焼失面積はすでに4,800平方キロメートルにおよび、それは東京都2つ分もの面積におよびます。チリ政府は、近現代史上最悪となるこの森林火災をうけて「国家非常事態宣言」を発令しました。また、各国からの支援も開始されています。

 

現在、南半球は夏の時期となり、山火事が発生しやすい季節です。チリでは、10年近く干ばつが続くなか乾燥と高温、強い風によって被害が広がったもようです。

WhatsApp Image 2017-02-10 at 17.55.31 (1) WhatsApp Image 2017-02-10 at 17.55.31

写真:CODEFF(チリ動植物保護協会)

 

チリのバルパライソの美しい歴史的な街並みは、2003年にユネスコの世界遺産にも登録されており、国際NGOピースボートの地球一周クルーズが頻繁に訪れる港町です。現在、航海中の「第93回 地球一周の船旅」は2月12日に、バルパライソに入港しました。PBVでは現地カウンターパートナーと協働し、日本モーターボート競走会から提供いただいた備蓄食10,000食を火災の被災者へ届けました。船内でも、多くの乗客の皆さんが支援募金にご協力いただきました。

 

P1320522
備蓄食支援の様子は、また後日ブログで紹介します。

 

 

 

 

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

【ハイチ】 ハリケーン・マシューの第二次支援開始

この記事についてTwitterでつぶやく

 

2016年10月4日に、巨大ハリケーン「マシュー」がハイチを襲い甚大な被害をもたらしてから4ヶ月が経過しました。2010年に発生したハイチ大地震以来、最も大きな人道的危機に直面しています。

このハリケーン被害によって、飲料水や生活用水の汚染に起因するコレラや下痢などの病が広がっています。その原因の一つとして、衛生管理や上下水に関連する設備が破壊されたことによって、水源の汚染が進んでいました。

 

地元のカウンターパートナーや国連機関と情報交換を行いながら、PBVではこれらのニーズに対して衛生的な水の提供と地域の衛生環境向上を目的とする第二次支援を開始しました。

 

unnamed-8 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , |

【東北】 Google 「未来への学び」サイトに、東北支援初期のボランティア派遣ナレッジを提供

この記事についてTwitterでつぶやく

 

Googleがスタートした「未来への学び」プロジェクトは、災害の復旧・復興支援に携わった企業や団体が、プロジェクト開始の経緯や予算、人員配置、評価、現地とのネットワーク構築法など、プロジェクトを実現させるための様々な知恵やアイディアを Q&A 方式に沿って整理し、活動を通して得られた各団体の「ナレッジ」を公開しています。

 

支援活動に関わった組織の知恵をオープンにすることで、将来、発生するかもしれない災害やその復興支援において、より迅速で、効果的な施策に繋がることが期待されています。PBVも東日本大震災初動における、災害ボランティア派遣とコーディネートの取り組みについて、ナレッジを提供し、サイトで公開されています。

ぜひご覧ください!

 

 

◆「未来への学び」
災害ボランティアの派遣とコーディネート ピースボート災害ボランティアセンター

 

%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%81%ae%e5%ad%a6%e3%81%b3

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, リーダートレーニング, 東京事務局, 災害ボランティア・トレーニング, 石巻, 防災教育, 雑記・その他 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【熊本地震】 本格的な支援体制への準備

この記事についてTwitterでつぶやく

14日の地震から1週間が経ちました。相変わらず余震が続くなか、被災された方々は落ち着いて眠ることもできず、不安な毎日を過ごしている状態です。避難所、在宅避難、自家用車での生活など、1日も早い環境改善のため、支援関係者も全力で動いています。

IMG_1659

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本 | タグ: , , , , , , , , |

【石巻】 「仮設きずな新聞」終刊のお知らせ

この記事についてTwitterでつぶやく

 

この度、2011年の10月に創刊して以来、石巻の仮設住宅にて配布を行ってきました「仮設きずな新聞」を2016年3月末を持ちまして発行を終えることとなりました。

 

981230_996692810419120_3805730654513406754_o

 

昨年の8月に「仮設きずな新聞」が第100号を迎え、ささやかなお礼の会を開催した際に、「できる限り発行を続けて欲しい」、「毎号楽しみにしている」と嬉しい声も沢山頂いておりました。また、3月には震災から5年が経ち復興公営住宅の建設も進み、新しい生活の場へと移り住んで行かれる方がいる一方で、今後もしばらく仮設住宅での生活を続けられる方がいることも承知しております。

 

終刊の判断にあたり、団体内部でも多くの議論がありました。仮設住宅に住む最後の一人の方が新たな生活の場に移るまで新聞を発行し続ける、という形もあったのかもしれません。しかし、今回は団体としてもより大きな変化を求められることになりました。2011年3月17日に、私たちが石巻での災害支援活動を開始してから、力になれることは何でもしようと、家屋清掃、炊き出し、避難所サポートなど様々な活動を実践してきました。それらは日本全国・世界各地から駆けつけた延べ8万人ものボランティアによるものでした。
続きを読む

カテゴリー: 石巻 | タグ: , , , , , |

【バヌアツ・サイクロン】 緊急支援のその後

この記事についてTwitterでつぶやく

 

今年3月に発生した、巨大サイクロン・パムが太平洋諸島のバヌアツ共和国に大きな被害をもたらしてから約5ヶ月が経過しました。

 

サイクロン・パムは、5段階で評価される勢力で最強レベルの「カテゴリー5」に達し、バヌアツ共和国の首都ポートビラでは最大瞬間風速が約85メートルを記録しました。2013年にフィリピンで7千人以上の死者・行方不明者を出した台風30号(ハイエン)に匹敵するほど、激しい暴風雨でした。

 

このサイクロン被害で、約16万人以上が被災しました。人的な被害は比較的少なかったものの、多くの家屋が倒壊し、農作物には壊滅的な被害が出ました。

 

【バヌアツ・サイクロン】 災害救援調査に、スタッフが現地入り

【バヌアツ・サイクロン】 現地調査レポート

バヌアツ1被害 バヌアツ2被害

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , |

【ネパール地震被害】現地レポート(3)~地元ボランティアの為の環境づくり~

この記事についてTwitterでつぶやく

前回のブログ(現地レポート(2)~子ども達の学びの場を取り戻す~)では、被災してしまった学校の仮設校舎の建設や学習用品の提供に関して、お伝えしました。今回は、PBVが行っているもう一つの支援プロジェクトをお伝えします。

 

PBVの先遣隊がネパールでの調査活動に入った当初、地元パートナー団体である「CWIN (Child Workers in Nepal)」には、若者を中心とした多くのボランティアが駆けつけていました。しかし、通常は子ども支援を行っているCWINとしては災害支援に関わるボランティアの受入れや運営、安全管理に苦慮していました。

これまでに、災害ボランティアセンターの運営サポートや災害ボランティアの育成を行ってきたPBVでは、そのノウハウを活かせるのではないかと考え、先遣スタッフの一人として現地入りしていたセイフティオフィサーを中心に、CWIN職員向けのレクチャーを行いました。CWINの事務所に集まっていた若いボランティアの力を活かしながら、スムーズにかつ安全に活動する為に行ったレクチャーは、職員からも良い評価を頂きました。その後は、CWINが独自に災害ボランティアセンターの立ち上げと円滑な運営ができるように、PBVとしては支援をする予定でした。

 

CWINボラ1 CWINボラ2

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】現地レポート(2)~子ども達の学びの場を取り戻す~

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日にネパールで発生した大規模地震災害から、約2ヶ月が経ちました。

PBVからは2名のスタッフが現地に滞在し、地元団体や日本のNGOらと協力しながら支援活動を続けています。

前回のブログ「現地レポート(1)」でお伝えしたとおり、今回のネパール支援は、長年現地で国際協力事業を行っている日本のNGO「シャプラニール=市民による海外協力の会」と、地元の子ども支援団体「CWIN (Child Workers in Nepal)」と協働して行っています。

 

その他にも、国連を中心として、政府機関や地元組織、国際支援組織が集まって分野別の支援状況を話し合うクラスターミーティングにも参加しながら情報を集めてきました。クラスターミーティングは、避難所運営、医療、栄養、食糧安全保障など、11の専門分野ごとに分科会が実施され、国内外の団体の支援が重ならないように情報を共有していきます。一方で、大きな支援の枠から漏れてしまったり、地元で上がる細かいニーズや状況を把握しているのは、地道に活動をしてき地元の団体です。それらの情報を元に、被害の大きかった地域への視察を行いながら内容を検討していきました。地域で行われる支援団体間のミーティングは、ネパール語がほとんどで、言語面でも文化面でも地元パートナーの存在は不可欠です。

 

クラスターミーティング クラスターミーティング2
現地では、大きく分けると2つの支援活動を展開しています。一つは、倒壊してしまった学校の代替となる仮設校舎の建設と子ども達が学校生活に必要な物資の提供。二つ目は、地元団体がボランティアを受け入れるにあたっての、災害ボランティアトレーニングです。
まずは、子ども達の学びの場を取り戻す為の支援に関してお伝えします。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】 現地レポート(1)

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日にネパールで発生した大地震では、時間が経つにつれ被害規模が明らかになり、発災から日を追うごとに死者数、負傷者数、倒壊家屋の数が激増していきました。強い揺れによってネパールでは、建物の倒壊、雪崩、土砂災害が発生し、7000人以上の方々が亡くなりました。周辺のインド、中国、バングラディシュなども人的な被害が出ています。

ネパール周辺にあるプレートが引き起こす大規模地震の危険性は以前から指摘されており、仙台での国連防災世界会議でも話題に上がっていました。しかし、地域によっては建物がレンガで造られたものも多く、耐久性が比較的弱いために被害が拡大しました。

 

DSC_0070 11193292_841750092566094_5556852756115331883_n

 

 

 

到着後すぐに今回のネパールにて協働して支援活動を行う(特活)「シャプラニー=市民による海外協力の会(以下、シャプラニール)」の事務所にて日本と現地の職員と共に、被害状況や今後の活動に関して打ち合わせを行いました。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

2015ネパール地震被害 緊急支援を開始します

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日、ネパール第2の都市ポッカラの東約80km地点でマグニチュード7.8の巨大地震が発生しました。ネパール国内および周辺国で犠牲者5,000人以上、負傷者も10,000人を越える甚大な被害をもたらしました。

 

特にネパールの首都カトマンズとその周辺にある農村地域に大きな被害が出ています。各国や国際機関、国際NGOが支援活動を開始してますが、緊急物資や医薬品が不足しています。さらに今後は生存されている方々の困難な避難生活が予想されています。

 

8bitnews_vertical adrajapan_vertical
この被害状況を受け、ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では現地にPBV職員2名を派遣し、緊急人道支援を行うことを決定しました。今回の派遣スタッフは、先月サイクロンに襲われた、バヌアツでの現地調査メンバーでもあるロビン・ルイス、2013年のフィリピン台風30号の現地支援を行ったセイフティ・オフィサーのサイモン・ロジャース。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容 | タグ: , , , , , , , |