ブログアーカイブ

【防災・減災】 「わが家の災害対応ワークショップ」の受講者が3,000人を越えました!

この記事についてTwitterでつぶやく

災害ボランティア・トレーニングに続く防災・減災教育プログラムのメニューとして、2014年4月に始めた「わが家の災害対応ワークショップ」の受講者が3,000人を越えました。現時点での開催回数はちょうど100回。出張場所は、全国34の地域に上ります。

img_0340
※3,000人目、11月27日に石川県で行った会でした。

続きを読む

カテゴリー: 未分類, 防災教育 | タグ: , , , , , , , , |

【防災の日・特別企画】 「しんじゅく防災フェスタ2016」を実施します!

この記事についてTwitterでつぶやく

9月4日(日)、都立戸山公園と新宿スポーツセンターで、大人も、子どもも、若者も、外国人も、みんなが楽しく学べる防災イベント「しんじゅく防災フェスタ2016」を開催します。

SBFチラシ

▼概要・当日のプログラムは コチラ

▼イベントのチラシ(985KB)は コチラ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

【防災・減災】 次世代のリーダーに期待!

この記事についてTwitterでつぶやく

 

1月30・31日、羽田空港内のホールにて「わが家の災害対応ワークショップ」と「災害ボランティア入門」を開催しました。

今回のこの連続講座はTOMODACHIイニシアチブの一環で、受講生はTOMODACHIの修了生である若者達です。

 

TOMODACHIイニシアチブとは、公益財団法人米日カウンシル-ジャパンと東京の米国大使館が主導する官民パートナーシップのこと。生まれたきっかけは東日本大震災発災時の災害支援ですが、現在は日米の次世代のリーダーの育成を目指して、教育、文化交流、リーダーシップといった様々なプログラムが実施されています。

 

そして、今回実施されたプログラムは「災害復興リーダーシップ・トレーニング・プログラム」。

将来災害が発生した時に自ら動けるリーダーとなれるように、防災の意識を強化しようというテーマです。初日は、ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)の「わが家の災害対応ワークショップ」と「災害ボランティア入門」。二日目は、日本イスラエイド・サポート・プログラム(JISP)による、心のケアをテーマにしたプログラムが開催されました。

 

dsc_0180dsc_0299

続きを読む

カテゴリー: 災害ボランティア・トレーニング, 防災教育 | タグ: , , , , , , |

【防災・減災】 東北 × わが家の災害対応ワークショップ

この記事についてTwitterでつぶやく

2014年4月から新しく始めた防災・減災教育プログラム「わが家の災害対応ワークショップ」。この1年半ほどで、50件ほどの開催依頼があり、総受講者数は1,800人を越えました。特にこの半年は、東日本大震災で被災の大きかった地域の防災・減災に役立ててもらおうと、東北三県で集中的に実施してきました。

01

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , |

支援を活かす地域力ワークショップ 初開催

この記事についてTwitterでつぶやく

 

東日本大震災時の宮城県石巻で避難所や地域のリーダー役となって尽力された方々への聞き取り調査をもとに作成した冊子『石巻市民から学ぶ!!支援を活かす地域力』。完成してから100名以上の方たちの手元に届けることができました。

冊子を読んだ方からの反響もあり、冊子を元にしたワークショップ開催を希望する声も上がってきています。

 

今回は、岩手県大船渡市でコミュニティFM「ねまらいん」を運営されている(特活)防災・市民メディア推進協議会から要望を受け、職員さんを対象に「支援を活かす地域力ワークショップ」を実施しました。

IMG_1577

続きを読む

カテゴリー: 防災教育 | タグ: , , , |

船旅を活用したキッカケ作り

この記事についてTwitterでつぶやく

 

PBVでは、国際交流の船旅をコーディネートしているNGOピースボートの協力を得て、船上での災害ボランティア育成や防災教育、東北を伝える取り組みを実施しています。ピースボートクルーズは、年に3回の「地球一周の船旅」と年に1回の日韓共催「PEACE & GREEN BOAT」が行われ、各クルーズには約1000名の参加者が乗船していきます。

 

今回は、NGOピースボートと韓国のNPO「環境財団」が共同でコーディネートする「PEACE & GREEN BOAT 2014」に参加してきました。「PEACE & GREEN BOAT」は、平和で持続可能なアジアの未来を目指して日本と韓国からそれぞれほぼ同数の参加者がひとつの船で東アジア各国を巡ります。

2014_11_05 001 霎コ驥主商   -0013

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, リーダートレーニング, 災害ボランティア・トレーニング, 防災教育 | タグ: , , , , , , , , |

地域の防災力は各家庭から

この記事についてTwitterでつぶやく

日本国内で災害が発生すると、多くの場合は被災地域にある市区町村の社会福祉協議会(以下、社協)が「災害ボランティアセンター」を開設しボランティアの受け入れを行います。各支援団体も地元社協と協力しながら、災害ボランティアセンター運営やボランティア派遣やニーズとのマッチングなどに取り組みます。

災害が起きた時には「地域の繋がりや支え合いが大切だ」と多くの場面で言われてきました。そして、地域の繋がりや支え合いは、災害が起きてからではなく平常時からの取り組みが重要です。

 

あまり注目される事が少ないですが、社協は平時に行っている本来の活動がとても地域に根ざし、重要な役割を担っています。

社協は、法律に基づいて各都道府県と各市区町村に設置されており、平時から地域福祉向上の為に、地域にある暮らしの課題の改善や解決に向けて活動しています。その取り組みは、地域によって異なりますが福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金の協力など、多岐にわたります。社協は地域にある社会的資源を繋げながら、支え合いを生み出していく、縁の下の力持ちだと言えます。

PBVでは、災害発生時の支援はもちろん、平時の災害ボランティア育成や防災教育を繋がりのある市区町村社協と行っています。今回は、PBV東京事務局がある地元の新宿区社会福祉協議会と防災教育の取り組みを行いました。

 

FullSizeRender3

続きを読む

カテゴリー: 防災教育 | タグ: , , , , , , |

「わが家の災害対応」がインターネットで受講できます!

この記事についてTwitterでつぶやく

8月に各地で発生した豪雨によって、土砂崩れや家屋の流失や浸水など大きな被害がありました。PBVでも、滋賀県丹波市と広島市に先遣隊を派遣し、支援活動を行う予定です。

今後の活動内容などは、PBVフェイスブックなどで情報をアップしていきます。

 

さて、9月1日「防災の日」に合わせてインターネット上の新しいカタチの学校「schoo」にて、わが家の災害対応ノウハウを伝える授業を行います。インターネットを活用した授業ですので、全国各地から受講する事ができます。今回の授業は、「わが家の災害対応ワークショップ」を基に行います。

 

schoo 写真

続きを読む

カテゴリー: 防災教育 | タグ: , , , , |

石巻市民の経験から災害時の対応を学ぶ冊子を無料贈呈!

この記事についてTwitterでつぶやく

PBVは、2011年3月の緊急期から現在に至るまで、宮城県石巻市や女川町を中心にボランティア活動を展開してきました。その中で、被災を経験した多くの市民の方々と出会い、当時のお話を伺い、多くのことを学んできました。

 

例えば、「一人一つ行き渡らない物資は、交替で使えるようにレンタルノートを作って順番で使えるように工夫した」、「避難所でのプライバシーの確保のためには、パーテーションが必要だったけれど、高すぎると避難者の健康管理がしずらくなるから、腰までの高さに工夫した」など、多くの方たちが臨機応変な対応を迫られました。

被災の現場から生まれたこれらの沢山の工夫例を多くの人たちに知ってほしい!そして、自分が万が一被災してしまった時に役立ててほしい!と考えるようになりました。

 

そこで、石巻市であの震災を経験した市民の方々に聞き取り調査を実施し、100を超える事例を抽出し、その中でも特に多くの市民が共通して抱えた課題やその工夫例を冊子『石巻市民から学ぶ!!支援を活かす地域力』としてまとめました。

 

活援力_表紙

続きを読む

カテゴリー: 未分類, 防災教育 | タグ: , , , , , , , , , , |

新プロジェクト始動!「わが家の災害対応ワークショップ」

この記事についてTwitterでつぶやく

新プロジェクト始動!「わが家の災害対応ワークショップ」

 
震災現場でボランティアと被災者を繋ぎ、安全に活動を進める災害ボランティアリーダーの必要性を感じ、ボランテイアリーダーの為のトレーニングプログラムを開始したのが2011年の11月。

代表挨拶3

その後、リーダートレーニング以外にもボランティアの裾野を広げる「災害ボランティア入門」「災害ボランティア検定」など、災害ボランティアトレーニングを通して共助の担い手になる人たちの育成に力を入れてきました。PBVの災害支援の経験を活かしながら、共助はもちろん、地域の防災意識を高めることや自助への取り組みを後押しするようなプロジェクトを開始することになりました。

続きを読む

カテゴリー: 防災教育 | タグ: , , , , |

ブログアーカイブ

【防災・減災】 「わが家の災害対応ワークショップ」の受講者が3,000人を越えました!

この記事についてTwitterでつぶやく

災害ボランティア・トレーニングに続く防災・減災教育プログラムのメニューとして、2014年4月に始めた「わが家の災害対応ワークショップ」の受講者が3,000人を越えました。現時点での開催回数はちょうど100回。出張場所は、全国34の地域に上ります。

img_0340
※3,000人目、11月27日に石川県で行った会でした。

続きを読む

カテゴリー: 未分類, 防災教育 | タグ: , , , , , , , , |

【防災の日・特別企画】 「しんじゅく防災フェスタ2016」を実施します!

この記事についてTwitterでつぶやく

9月4日(日)、都立戸山公園と新宿スポーツセンターで、大人も、子どもも、若者も、外国人も、みんなが楽しく学べる防災イベント「しんじゅく防災フェスタ2016」を開催します。

SBFチラシ

▼概要・当日のプログラムは コチラ

▼イベントのチラシ(985KB)は コチラ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

【防災・減災】 次世代のリーダーに期待!

この記事についてTwitterでつぶやく

 

1月30・31日、羽田空港内のホールにて「わが家の災害対応ワークショップ」と「災害ボランティア入門」を開催しました。

今回のこの連続講座はTOMODACHIイニシアチブの一環で、受講生はTOMODACHIの修了生である若者達です。

 

TOMODACHIイニシアチブとは、公益財団法人米日カウンシル-ジャパンと東京の米国大使館が主導する官民パートナーシップのこと。生まれたきっかけは東日本大震災発災時の災害支援ですが、現在は日米の次世代のリーダーの育成を目指して、教育、文化交流、リーダーシップといった様々なプログラムが実施されています。

 

そして、今回実施されたプログラムは「災害復興リーダーシップ・トレーニング・プログラム」。

将来災害が発生した時に自ら動けるリーダーとなれるように、防災の意識を強化しようというテーマです。初日は、ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)の「わが家の災害対応ワークショップ」と「災害ボランティア入門」。二日目は、日本イスラエイド・サポート・プログラム(JISP)による、心のケアをテーマにしたプログラムが開催されました。

 

dsc_0180dsc_0299

続きを読む

カテゴリー: 災害ボランティア・トレーニング, 防災教育 | タグ: , , , , , , |

【防災・減災】 東北 × わが家の災害対応ワークショップ

この記事についてTwitterでつぶやく

2014年4月から新しく始めた防災・減災教育プログラム「わが家の災害対応ワークショップ」。この1年半ほどで、50件ほどの開催依頼があり、総受講者数は1,800人を越えました。特にこの半年は、東日本大震災で被災の大きかった地域の防災・減災に役立ててもらおうと、東北三県で集中的に実施してきました。

01

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , |

支援を活かす地域力ワークショップ 初開催

この記事についてTwitterでつぶやく

 

東日本大震災時の宮城県石巻で避難所や地域のリーダー役となって尽力された方々への聞き取り調査をもとに作成した冊子『石巻市民から学ぶ!!支援を活かす地域力』。完成してから100名以上の方たちの手元に届けることができました。

冊子を読んだ方からの反響もあり、冊子を元にしたワークショップ開催を希望する声も上がってきています。

 

今回は、岩手県大船渡市でコミュニティFM「ねまらいん」を運営されている(特活)防災・市民メディア推進協議会から要望を受け、職員さんを対象に「支援を活かす地域力ワークショップ」を実施しました。

IMG_1577

続きを読む

カテゴリー: 防災教育 | タグ: , , , |

船旅を活用したキッカケ作り

この記事についてTwitterでつぶやく

 

PBVでは、国際交流の船旅をコーディネートしているNGOピースボートの協力を得て、船上での災害ボランティア育成や防災教育、東北を伝える取り組みを実施しています。ピースボートクルーズは、年に3回の「地球一周の船旅」と年に1回の日韓共催「PEACE & GREEN BOAT」が行われ、各クルーズには約1000名の参加者が乗船していきます。

 

今回は、NGOピースボートと韓国のNPO「環境財団」が共同でコーディネートする「PEACE & GREEN BOAT 2014」に参加してきました。「PEACE & GREEN BOAT」は、平和で持続可能なアジアの未来を目指して日本と韓国からそれぞれほぼ同数の参加者がひとつの船で東アジア各国を巡ります。

2014_11_05 001 霎コ驥主商   -0013

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, リーダートレーニング, 災害ボランティア・トレーニング, 防災教育 | タグ: , , , , , , , , |

地域の防災力は各家庭から

この記事についてTwitterでつぶやく

日本国内で災害が発生すると、多くの場合は被災地域にある市区町村の社会福祉協議会(以下、社協)が「災害ボランティアセンター」を開設しボランティアの受け入れを行います。各支援団体も地元社協と協力しながら、災害ボランティアセンター運営やボランティア派遣やニーズとのマッチングなどに取り組みます。

災害が起きた時には「地域の繋がりや支え合いが大切だ」と多くの場面で言われてきました。そして、地域の繋がりや支え合いは、災害が起きてからではなく平常時からの取り組みが重要です。

 

あまり注目される事が少ないですが、社協は平時に行っている本来の活動がとても地域に根ざし、重要な役割を担っています。

社協は、法律に基づいて各都道府県と各市区町村に設置されており、平時から地域福祉向上の為に、地域にある暮らしの課題の改善や解決に向けて活動しています。その取り組みは、地域によって異なりますが福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金の協力など、多岐にわたります。社協は地域にある社会的資源を繋げながら、支え合いを生み出していく、縁の下の力持ちだと言えます。

PBVでは、災害発生時の支援はもちろん、平時の災害ボランティア育成や防災教育を繋がりのある市区町村社協と行っています。今回は、PBV東京事務局がある地元の新宿区社会福祉協議会と防災教育の取り組みを行いました。

 

FullSizeRender3

続きを読む

カテゴリー: 防災教育 | タグ: , , , , , , |

「わが家の災害対応」がインターネットで受講できます!

この記事についてTwitterでつぶやく

8月に各地で発生した豪雨によって、土砂崩れや家屋の流失や浸水など大きな被害がありました。PBVでも、滋賀県丹波市と広島市に先遣隊を派遣し、支援活動を行う予定です。

今後の活動内容などは、PBVフェイスブックなどで情報をアップしていきます。

 

さて、9月1日「防災の日」に合わせてインターネット上の新しいカタチの学校「schoo」にて、わが家の災害対応ノウハウを伝える授業を行います。インターネットを活用した授業ですので、全国各地から受講する事ができます。今回の授業は、「わが家の災害対応ワークショップ」を基に行います。

 

schoo 写真

続きを読む

カテゴリー: 防災教育 | タグ: , , , , |

石巻市民の経験から災害時の対応を学ぶ冊子を無料贈呈!

この記事についてTwitterでつぶやく

PBVは、2011年3月の緊急期から現在に至るまで、宮城県石巻市や女川町を中心にボランティア活動を展開してきました。その中で、被災を経験した多くの市民の方々と出会い、当時のお話を伺い、多くのことを学んできました。

 

例えば、「一人一つ行き渡らない物資は、交替で使えるようにレンタルノートを作って順番で使えるように工夫した」、「避難所でのプライバシーの確保のためには、パーテーションが必要だったけれど、高すぎると避難者の健康管理がしずらくなるから、腰までの高さに工夫した」など、多くの方たちが臨機応変な対応を迫られました。

被災の現場から生まれたこれらの沢山の工夫例を多くの人たちに知ってほしい!そして、自分が万が一被災してしまった時に役立ててほしい!と考えるようになりました。

 

そこで、石巻市であの震災を経験した市民の方々に聞き取り調査を実施し、100を超える事例を抽出し、その中でも特に多くの市民が共通して抱えた課題やその工夫例を冊子『石巻市民から学ぶ!!支援を活かす地域力』としてまとめました。

 

活援力_表紙

続きを読む

カテゴリー: 未分類, 防災教育 | タグ: , , , , , , , , , , |

新プロジェクト始動!「わが家の災害対応ワークショップ」

この記事についてTwitterでつぶやく

新プロジェクト始動!「わが家の災害対応ワークショップ」

 
震災現場でボランティアと被災者を繋ぎ、安全に活動を進める災害ボランティアリーダーの必要性を感じ、ボランテイアリーダーの為のトレーニングプログラムを開始したのが2011年の11月。

代表挨拶3

その後、リーダートレーニング以外にもボランティアの裾野を広げる「災害ボランティア入門」「災害ボランティア検定」など、災害ボランティアトレーニングを通して共助の担い手になる人たちの育成に力を入れてきました。PBVの災害支援の経験を活かしながら、共助はもちろん、地域の防災意識を高めることや自助への取り組みを後押しするようなプロジェクトを開始することになりました。

続きを読む

カテゴリー: 防災教育 | タグ: , , , , |