ブログアーカイブ

【活動レポート】 しんじゅく防災フェスタ2016

この記事についてTwitterでつぶやく

9月4日(日)、防災週間の特別企画として実施した「しんじゅく防災フェスタ2016」は、約3,000名が参加する盛大な防災・減災イベントになりました。

32

「しんじゅく防災フェスタ」は今年が初開催。新宿区内の行政、NPO、事業者、大学、ボランティアらが協働で運営に関わり、「たのしく学ぶ」をコンセプトに、特に子ども・若者・外国人にも参加しやすいプログラムづくりを目指しました。

 

 

子ども向けのプログラムでは、おもちゃのかえっこ(物々交換)と防災体験を組み合わせた「イザ!カエルキャラバン!」が大人気。色々な防災体験やクイズに合格するとおもちゃと交換できるポイントがもらる仕組みで、新しいおもちゃ欲しさも相まって、子どもたちも積極的かつ楽しそうに参加してくれていました。

041105092711_3

また、この「イザ!カエルキャラバン!」と連動する形で行っていたパフォーマンスステージでは、Dr.ナダレンジャーの「防災科学実験ショー」や新宿区のマスコットキャラクター「新宿シンちゃん」も登場した防災クイズなどを実施。午後には、多くの新宿区のNPO/NGOが熊本地震への支援を展開していることへの恩返しもあり、大人気キャラクターのくまモンもやってきてくれました!

01

023334

 

外国人向けのプログラムでは、新宿消防署が普通救命講習(3時間)を一部英語で実施。きちんと認定証も発行される英語での講習はなかなか機会がないこともあり、募集して一週間も経たないうちに満員になる応募がありました。また、これから区内の日本語学校や外国人コミュニティに対して広げていきたいという「やさしい日本語」による外国人防災講座のお披露目もありました。

17

PBVでは、2014年から続けている「わが家の災害対応ワークショップ」を初めて英語で実施。テキストとなるワークブックやパワーポイントの翻訳も完成し、約20名が参加して充実した学びの場を提供することができました。
※英語版「わが家の災害対応ワークショップ」は、今後定期的に開催したり、依頼ベースで出張できるように準備を進めています。

 

 

若者向けに準備したメニューは、実は当日のプログラムではなく、ボランティアで関わってもらえる種類と人数を増やしたこと。募集したボランティアの種類は、以下の4つ。

1.事前研修からセットで募集したフェスタ運営ボランティア
2.外国語や手話などの当日の言語サポートを行う語学ボランティア
3.午前午後の入れ替え制で、設営・運営・片付けを手伝い当日ボランティア
4.ブースなどの各出展コーナーを担当する各団体のブースボランティア

大学生世代を中心に、高校生から70代までの老若男女200人以上が参加してくれました。ボランティアに参加した理由は、「防災に興味があった」「夏休みのボランティアを探していた」「友達に誘われて」「学校の授業の一環で」など様々ですが、当日の空いた時間には積極的に各種プログラムにも参加していて、防災・減災へのヒントを持ち帰ってくれたと思います。

50

ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました!お疲れ様でした!

 

その他、岩手・釜石のゲストや学校・地域・NPOの実践者と防災教育について考える講演・シンポジウムや特別展示、防災特別車両の体験、NPOや企業のブースコーナーなど、盛りだくさんのプログラムでした。

130811_22019_13029

 

「しんじゅく防災フェスタ」は、毎年新しいチャレンジも増やしながら3年間は継続したいと思っています。また、このブログでも来年度のお知らせができる日を楽しみにしています。

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

【熊本地震】 本格的な支援体制への準備

この記事についてTwitterでつぶやく

14日の地震から1週間が経ちました。相変わらず余震が続くなか、被災された方々は落ち着いて眠ることもできず、不安な毎日を過ごしている状態です。避難所、在宅避難、自家用車での生活など、1日も早い環境改善のため、支援関係者も全力で動いています。

IMG_1659

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本 | タグ: , , , , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 常総市でのPBVボランティア募集開始!

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日に発生した大雨によって、茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し10,000軒以上の家屋に浸水の被害が出ました。水田の多くある地域では、用水路からも水が溢れ出し、市内で浸水した地域は40平方キロメートルに及びます。農作物への被害も深刻で、収穫間近だった稲穂が広範囲に渡ってなぎ倒され、壊滅的な被害を受けました。避難所では、未だに900人以上の方が避難生活を強いられています。PBVでは、地元社会福祉協議会が運営する「常総市災害ボランティアセンター」の運営サポートを行いながら、地元のNPOや、支援団体と連携しながら被災者への支援活動を行っています。

 

12042998_912604568813979_8463017114226377848_n 12036779_912604672147302_8459734392626099270_n 予備_常総市視察 11934960_909393422468427_142666860508745813_n

 

 

■生活を再建するには、家屋の清掃に人手が必要!!

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【代表理事インタビューVol.2】 阪神・淡路大震災から20年~災害ボランティアは成人になれたのか?!~

この記事についてTwitterでつぶやく

 

本日(1月17日)で阪神・淡路大震災から20年が経ちました。
1995年、阪神・淡路大震災に関わったボランティアは130万人にも上ると言われ、その年は「ボランティア元年」と呼ばれるようになりました。「ボランティア元年」から20年を積み重ねてきた災害ボランティアは、どのように発展したのでしょうか。

20年前、兵庫県神戸市長田区で災害支援に関わり、また東日本大震災の緊急期でも現場の指揮を取ってきたPBV代表理事 山本隆に聞きました。

 

前編: 【代表理事インタビューVol.1】

阪神・淡路大震災から20年~災害ボランティアは成人になれたのか?!~


 

Q:一概には比較することは難しいかもしれませんが、災害ボランティアという点で阪神・淡路大震災と東日本大震災の違いは何でしょうか?

続きを読む

カテゴリー: インタビュー, プロジェクト・活動内容, 雑記・その他 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【代表理事インタビューVol.1】 阪神・淡路大震災から20年~災害ボランティアは成人になれたのか?!~

この記事についてTwitterでつぶやく

 

本日(1月17日)で阪神・淡路大震災から20年が経ちました。
1995年、阪神・淡路大震災に関わったボランティアは130万人にも上ると言われ、その年は「ボランティア元年」と呼ばれるようになりました。「ボランティア元年」から20年を積み重ねてきた災害ボランティアは、どのように発展したのでしょうか。

20年前、兵庫県神戸市長田区で災害支援に関わり、また東日本大震災の緊急期でも現場の指揮を取ってきたPBV代表理事 山本隆に聞きました。

 


 

Q:どのように阪神・淡路大震災に関わるようになったのですか?

 

もともと実家が兵庫県西宮市甲子園球場の近くにありました。阪神・淡路大震災が発生してから、電車を乗り継いでようやく実家にたどりついてみると、家の中の家財はメチャメチャになっていましたが、建物はなんとか無事でした。周りには半壊になった家もありました。ピースボートの仲間と共に自転車で被災地の視察を行い、想像以上に酷い光景が広がっていました。何か支援活動を行わなければならないと思い、支援方法を検討するために一旦東京に戻りました。

三宮被害状況11 三宮被害状況13

続きを読む

カテゴリー: インタビュー, プロジェクト・活動内容, 雑記・その他 | タグ: , , , , , , , , , , , |

JCC2015-国連防災世界会議に向けて

この記事についてTwitterでつぶやく

明日1月17日、阪神・淡路大震災の発生から19年を迎えます。それから10年が経った2005年、神戸で「第2回国連防災世界会議」が開かれ、その後各国が10年の間に達成すべき指針としての「兵庫行動枠組(HFA)」が採択されました。2015年はその期限となる年で、3月には仙台市で「第3回国連防災世界会議」(以下、仙台会議)が開催されることが決まりました。仙台、そして東北が開催地に選ばれたということは、東日本大震災での日本の経験が、それだけ世界的にも注目されていることの表れでもあるでしょう。

先週1月10日、この仙台会議を通じて、東北の現場で活動したNGO/NPO、ボランティア団体、そして被災を経験した当事者である住民の声をしっかり共有し、世界各国での防災・減災に活かしてもらおうと、国内のNGO/NPOら64団体が集まるネットワーク「2015防災世界会議日本CSOネットワーク(通称:JCC2015)」が立ち上がりました。

● JCC2015のホームページは コチラ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , |

【大島台風26号災害】 活動レポート vol.2

この記事についてTwitterでつぶやく

台風26号による水害と土砂崩れに見舞われた伊豆大島での活動は、約2週間が経過しました。現地まではフェリー移動というアクセスの悪さにも関わらず、大島社協災害ボランティアセンター(以下、災害VC)には、これまでに延べ3,000人を越えるボランティアが駆けつけました。PBVの呼びかけに参加してくれたボランティアも、延べ110人を越えます。 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , |

【石巻】防災まちづくり会議

この記事についてTwitterでつぶやく

9月1日は「防災の日」。1923年のこの日に「関東大震災」が発生したことから名づけられ、この1週間は「防災週間」として、各地で避難訓練・防災訓練が実施されています。今日は、東日本大震災の被災地・石巻、中心市街地の防災への取り組みを紹介します。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【大雨災害】 岩手のボランティアに、石巻の漁師たちが参加!

この記事についてTwitterでつぶやく

先週から大雨災害への緊急支援を始めた岩手県雫石町では、24,25日の2日間、東日本大震災で被災経験を持つ石巻市の漁師さんたちも合流、家屋の清掃などに参加してくれました。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , , |

【オクラホマ竜巻】 活動レポート Final

この記事についてTwitterでつぶやく

米国オクラホマの被災者支援で現地入りしていたPBVスタッフらは、瓦礫撤去や清掃などのボランティア、現地支援団体によるボランティアコーディネートのサポートなどを終えて帰国しました。もちろん大きな災害からの復旧・復興にはまだ長い時間が必要ですが、今後は日本から現地団体の後方支援を行い、今回の支援を終了する予定です。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

ブログアーカイブ

【活動レポート】 しんじゅく防災フェスタ2016

この記事についてTwitterでつぶやく

9月4日(日)、防災週間の特別企画として実施した「しんじゅく防災フェスタ2016」は、約3,000名が参加する盛大な防災・減災イベントになりました。

32

「しんじゅく防災フェスタ」は今年が初開催。新宿区内の行政、NPO、事業者、大学、ボランティアらが協働で運営に関わり、「たのしく学ぶ」をコンセプトに、特に子ども・若者・外国人にも参加しやすいプログラムづくりを目指しました。

 

 

子ども向けのプログラムでは、おもちゃのかえっこ(物々交換)と防災体験を組み合わせた「イザ!カエルキャラバン!」が大人気。色々な防災体験やクイズに合格するとおもちゃと交換できるポイントがもらる仕組みで、新しいおもちゃ欲しさも相まって、子どもたちも積極的かつ楽しそうに参加してくれていました。

041105092711_3

また、この「イザ!カエルキャラバン!」と連動する形で行っていたパフォーマンスステージでは、Dr.ナダレンジャーの「防災科学実験ショー」や新宿区のマスコットキャラクター「新宿シンちゃん」も登場した防災クイズなどを実施。午後には、多くの新宿区のNPO/NGOが熊本地震への支援を展開していることへの恩返しもあり、大人気キャラクターのくまモンもやってきてくれました!

01

023334

 

外国人向けのプログラムでは、新宿消防署が普通救命講習(3時間)を一部英語で実施。きちんと認定証も発行される英語での講習はなかなか機会がないこともあり、募集して一週間も経たないうちに満員になる応募がありました。また、これから区内の日本語学校や外国人コミュニティに対して広げていきたいという「やさしい日本語」による外国人防災講座のお披露目もありました。

17

PBVでは、2014年から続けている「わが家の災害対応ワークショップ」を初めて英語で実施。テキストとなるワークブックやパワーポイントの翻訳も完成し、約20名が参加して充実した学びの場を提供することができました。
※英語版「わが家の災害対応ワークショップ」は、今後定期的に開催したり、依頼ベースで出張できるように準備を進めています。

 

 

若者向けに準備したメニューは、実は当日のプログラムではなく、ボランティアで関わってもらえる種類と人数を増やしたこと。募集したボランティアの種類は、以下の4つ。

1.事前研修からセットで募集したフェスタ運営ボランティア
2.外国語や手話などの当日の言語サポートを行う語学ボランティア
3.午前午後の入れ替え制で、設営・運営・片付けを手伝い当日ボランティア
4.ブースなどの各出展コーナーを担当する各団体のブースボランティア

大学生世代を中心に、高校生から70代までの老若男女200人以上が参加してくれました。ボランティアに参加した理由は、「防災に興味があった」「夏休みのボランティアを探していた」「友達に誘われて」「学校の授業の一環で」など様々ですが、当日の空いた時間には積極的に各種プログラムにも参加していて、防災・減災へのヒントを持ち帰ってくれたと思います。

50

ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました!お疲れ様でした!

 

その他、岩手・釜石のゲストや学校・地域・NPOの実践者と防災教育について考える講演・シンポジウムや特別展示、防災特別車両の体験、NPOや企業のブースコーナーなど、盛りだくさんのプログラムでした。

130811_22019_13029

 

「しんじゅく防災フェスタ」は、毎年新しいチャレンジも増やしながら3年間は継続したいと思っています。また、このブログでも来年度のお知らせができる日を楽しみにしています。

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

【熊本地震】 本格的な支援体制への準備

この記事についてTwitterでつぶやく

14日の地震から1週間が経ちました。相変わらず余震が続くなか、被災された方々は落ち着いて眠ることもできず、不安な毎日を過ごしている状態です。避難所、在宅避難、自家用車での生活など、1日も早い環境改善のため、支援関係者も全力で動いています。

IMG_1659

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本 | タグ: , , , , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 常総市でのPBVボランティア募集開始!

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日に発生した大雨によって、茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し10,000軒以上の家屋に浸水の被害が出ました。水田の多くある地域では、用水路からも水が溢れ出し、市内で浸水した地域は40平方キロメートルに及びます。農作物への被害も深刻で、収穫間近だった稲穂が広範囲に渡ってなぎ倒され、壊滅的な被害を受けました。避難所では、未だに900人以上の方が避難生活を強いられています。PBVでは、地元社会福祉協議会が運営する「常総市災害ボランティアセンター」の運営サポートを行いながら、地元のNPOや、支援団体と連携しながら被災者への支援活動を行っています。

 

12042998_912604568813979_8463017114226377848_n 12036779_912604672147302_8459734392626099270_n 予備_常総市視察 11934960_909393422468427_142666860508745813_n

 

 

■生活を再建するには、家屋の清掃に人手が必要!!

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【代表理事インタビューVol.2】 阪神・淡路大震災から20年~災害ボランティアは成人になれたのか?!~

この記事についてTwitterでつぶやく

 

本日(1月17日)で阪神・淡路大震災から20年が経ちました。
1995年、阪神・淡路大震災に関わったボランティアは130万人にも上ると言われ、その年は「ボランティア元年」と呼ばれるようになりました。「ボランティア元年」から20年を積み重ねてきた災害ボランティアは、どのように発展したのでしょうか。

20年前、兵庫県神戸市長田区で災害支援に関わり、また東日本大震災の緊急期でも現場の指揮を取ってきたPBV代表理事 山本隆に聞きました。

 

前編: 【代表理事インタビューVol.1】

阪神・淡路大震災から20年~災害ボランティアは成人になれたのか?!~


 

Q:一概には比較することは難しいかもしれませんが、災害ボランティアという点で阪神・淡路大震災と東日本大震災の違いは何でしょうか?

続きを読む

カテゴリー: インタビュー, プロジェクト・活動内容, 雑記・その他 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【代表理事インタビューVol.1】 阪神・淡路大震災から20年~災害ボランティアは成人になれたのか?!~

この記事についてTwitterでつぶやく

 

本日(1月17日)で阪神・淡路大震災から20年が経ちました。
1995年、阪神・淡路大震災に関わったボランティアは130万人にも上ると言われ、その年は「ボランティア元年」と呼ばれるようになりました。「ボランティア元年」から20年を積み重ねてきた災害ボランティアは、どのように発展したのでしょうか。

20年前、兵庫県神戸市長田区で災害支援に関わり、また東日本大震災の緊急期でも現場の指揮を取ってきたPBV代表理事 山本隆に聞きました。

 


 

Q:どのように阪神・淡路大震災に関わるようになったのですか?

 

もともと実家が兵庫県西宮市甲子園球場の近くにありました。阪神・淡路大震災が発生してから、電車を乗り継いでようやく実家にたどりついてみると、家の中の家財はメチャメチャになっていましたが、建物はなんとか無事でした。周りには半壊になった家もありました。ピースボートの仲間と共に自転車で被災地の視察を行い、想像以上に酷い光景が広がっていました。何か支援活動を行わなければならないと思い、支援方法を検討するために一旦東京に戻りました。

三宮被害状況11 三宮被害状況13

続きを読む

カテゴリー: インタビュー, プロジェクト・活動内容, 雑記・その他 | タグ: , , , , , , , , , , , |

JCC2015-国連防災世界会議に向けて

この記事についてTwitterでつぶやく

明日1月17日、阪神・淡路大震災の発生から19年を迎えます。それから10年が経った2005年、神戸で「第2回国連防災世界会議」が開かれ、その後各国が10年の間に達成すべき指針としての「兵庫行動枠組(HFA)」が採択されました。2015年はその期限となる年で、3月には仙台市で「第3回国連防災世界会議」(以下、仙台会議)が開催されることが決まりました。仙台、そして東北が開催地に選ばれたということは、東日本大震災での日本の経験が、それだけ世界的にも注目されていることの表れでもあるでしょう。

先週1月10日、この仙台会議を通じて、東北の現場で活動したNGO/NPO、ボランティア団体、そして被災を経験した当事者である住民の声をしっかり共有し、世界各国での防災・減災に活かしてもらおうと、国内のNGO/NPOら64団体が集まるネットワーク「2015防災世界会議日本CSOネットワーク(通称:JCC2015)」が立ち上がりました。

● JCC2015のホームページは コチラ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , |

【大島台風26号災害】 活動レポート vol.2

この記事についてTwitterでつぶやく

台風26号による水害と土砂崩れに見舞われた伊豆大島での活動は、約2週間が経過しました。現地まではフェリー移動というアクセスの悪さにも関わらず、大島社協災害ボランティアセンター(以下、災害VC)には、これまでに延べ3,000人を越えるボランティアが駆けつけました。PBVの呼びかけに参加してくれたボランティアも、延べ110人を越えます。 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , |

【石巻】防災まちづくり会議

この記事についてTwitterでつぶやく

9月1日は「防災の日」。1923年のこの日に「関東大震災」が発生したことから名づけられ、この1週間は「防災週間」として、各地で避難訓練・防災訓練が実施されています。今日は、東日本大震災の被災地・石巻、中心市街地の防災への取り組みを紹介します。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【大雨災害】 岩手のボランティアに、石巻の漁師たちが参加!

この記事についてTwitterでつぶやく

先週から大雨災害への緊急支援を始めた岩手県雫石町では、24,25日の2日間、東日本大震災で被災経験を持つ石巻市の漁師さんたちも合流、家屋の清掃などに参加してくれました。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , , |

【オクラホマ竜巻】 活動レポート Final

この記事についてTwitterでつぶやく

米国オクラホマの被災者支援で現地入りしていたPBVスタッフらは、瓦礫撤去や清掃などのボランティア、現地支援団体によるボランティアコーディネートのサポートなどを終えて帰国しました。もちろん大きな災害からの復旧・復興にはまだ長い時間が必要ですが、今後は日本から現地団体の後方支援を行い、今回の支援を終了する予定です。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , |