ブログアーカイブ

【ハイチ/緊急支援】 ハリケーン・マシューの第一次支援を開始しました!

この記事についてTwitterでつぶやく

10月4日に、カリブ海諸国を襲った大型ハリケーン・マシューに対するハイチ、キューバへの緊急支援を行っています。特にハイチでの被害は甚大で、国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、発災から1ヶ月弱が経過した現在も、約80万人が緊急食料援助や物資を必要としている状況です。

PBVでは、発災のニュースを受けて緊急支援募金を立ち上げ、米国のNPO「World Cares Center(WCC)」らと被害調査を進めてきました。また10月29日からは、スタッフのロビン・ルイスがハイチ入りし、WCCのメンバーとともにジェレミー地区等での現地調査とともに、第一次支援(救援物資、コレラ予防のための衛生用品の配布等)を開始しています。

14900568_1221855247888908_7497968355745092926_n

14222156_1221855301222236_4286842273024854420_n

14639588_1221855241222242_139601301262483575_n

 

WCCは、2012年にNYを襲ったハリケーン・サンディでの緊急支援以降、PBVとパートナーシップを持つ米国NYのNPOで、2010年のハイチ大地震から現地活動を続けています。

p1030094-2012-11-30-at-02-06-05-1024x768
ハリケーン・サンディの被災地で行ったWCCとの協働支援活動の様子

 

ハイチ現地では通信事情も悪いなか、環境の悪化や混乱もあるため、十分に現地スタッフの安全面にも気を配りながら行動する予定です。また、現地からの様子など追ってご報告します。

 

●ハリケーン・マシュー緊急支援募金にご協力ください。 コチラ

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

【熊本地震】 現地での被害調査を開始!

この記事についてTwitterでつぶやく

熊本県内などで4月14日から続く大地震は、大きな被害と犠牲をもたらしました。被災された方々へのお見舞いと、犠牲になった方々へ心よりお悔やみ申し上げます。また、余震は400回を越え、今日時点でも10分に1回ほど揺れを感じる状況です。これ以上の被害拡大がないことを、切に願ってやみません。

14日夜の発災を受け、私たちも関係団体とも連絡を取りつつ、すぐに被害状況の収集を始めました。一夜明け、報道などによる被害状況も踏まえ、16日早朝にはスタッフを出発させる手配を整えました。その後、16日午前1時過ぎの地震(本震と言われていますが)により、熊本空港への発着便は全便欠航。急遽ルートを変更し、福岡経由で2名の先遣スタッフが熊本入りしました。

IMG_1641

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本 | タグ: , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 緊急支援募金にご協力ください

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日に台風18号の影響にて発生した大雨により、茨城県・栃木県・宮城県等で冠水や土砂崩れ、河川の氾濫による行方不明者と共に、数千を超える家屋への浸水被害が発生しております。また複数にまたがる市区町村に対し、各種の警報や避難指示などが出されている状況です。

 

PBVでは安全が確認された地域に対し、9月11日より先遣スタッフを3名派遣し現地調査行います。また、加盟している支援ネットワークや関係機関からも情報収集を行い、現地状況に合わせた支援内容の検討していきます。

 

FullSizeRender FullSizeRender1

 

今後の詳しい支援活動については、随時オフィシャルブログFacebookなどで報告していきます。

 

被災された方たちへの支援活動に対する募金を開始しました。
支援活動へのご協力をお願い致します。

募金のご協力はコチラから。

 
 

カテゴリー: プロジェクト・活動内容 | タグ: , , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】 現地報告会から第二次支援に向けて

この記事についてTwitterでつぶやく

 

ネパールの大震災から、1ヶ月が経ちました。
現地は、落ち着きを取り戻しつつありますが、地域によっては厳しい状況が続いています。

 
ネパールで地震災害が発生した地域での先遣調査と支援活動を実施していたPBVスタッフが一時帰国し、5月21日に現地報告会を行いました。PBVでは、5月3日にネパールに先遣職員を派遣し、現地の被害状況やニーズの調査、また支援物資の配布などを行ってきました。
11007722_842164379191332_4575348417988221560_nネパール報告会2

 

報告会では、まずはPBV海外プログラム担当のロビン・ルイスから現地状況の説明を行いました。

首都のカトマンズ市内では、多く人達が広場やバスロータリー、公園などで簡易なテントを建て共同生活している状況です。ネパールでは、レンガ造りの家が多く、比較的耐久性が弱いために、多くの家屋が倒壊してしまいました。家を無くした人がテントでの生活を強いられていますが、半壊の家屋でも「余震のために家で寝るのが怖い」という声を多く聞きました。5月12日に発生した大きな余震では、パニック状態になった方もいて、その恐怖心が伝わってきました。カトマンズは人口密度が高く、また平野部が少ないために、街には広い場所が少ないのも問題になっています。そして、今後数週間で雨季が始まるので、緊急シェルターの必要性が高まっています。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 報告会・説明会情報, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】 現地レポート(1)

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日にネパールで発生した大地震では、時間が経つにつれ被害規模が明らかになり、発災から日を追うごとに死者数、負傷者数、倒壊家屋の数が激増していきました。強い揺れによってネパールでは、建物の倒壊、雪崩、土砂災害が発生し、7000人以上の方々が亡くなりました。周辺のインド、中国、バングラディシュなども人的な被害が出ています。

ネパール周辺にあるプレートが引き起こす大規模地震の危険性は以前から指摘されており、仙台での国連防災世界会議でも話題に上がっていました。しかし、地域によっては建物がレンガで造られたものも多く、耐久性が比較的弱いために被害が拡大しました。

 

DSC_0070 11193292_841750092566094_5556852756115331883_n

 

 

 

到着後すぐに今回のネパールにて協働して支援活動を行う(特活)「シャプラニー=市民による海外協力の会(以下、シャプラニール)」の事務所にて日本と現地の職員と共に、被害状況や今後の活動に関して打ち合わせを行いました。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

2015ネパール地震被害 緊急支援を開始します

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日、ネパール第2の都市ポッカラの東約80km地点でマグニチュード7.8の巨大地震が発生しました。ネパール国内および周辺国で犠牲者5,000人以上、負傷者も10,000人を越える甚大な被害をもたらしました。

 

特にネパールの首都カトマンズとその周辺にある農村地域に大きな被害が出ています。各国や国際機関、国際NGOが支援活動を開始してますが、緊急物資や医薬品が不足しています。さらに今後は生存されている方々の困難な避難生活が予想されています。

 

8bitnews_vertical adrajapan_vertical
この被害状況を受け、ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では現地にPBV職員2名を派遣し、緊急人道支援を行うことを決定しました。今回の派遣スタッフは、先月サイクロンに襲われた、バヌアツでの現地調査メンバーでもあるロビン・ルイス、2013年のフィリピン台風30号の現地支援を行ったセイフティ・オフィサーのサイモン・ロジャース。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容 | タグ: , , , , , , , |

【フィリピン台風】 被災者支援募金にご協力ください。

この記事についてTwitterでつぶやく

昨年、死者・行方不明者合わせて7,000名を越える被害をもたらした台風災害から1年。フィリピンで、再び巨大台風による被害が発生しました。

12月6日~8日にかけて、フィリピンを横断した台風22号(国際名:ハグピート、フィリピン名:ルビー)により、サマール島をはじめ各地で犠牲者や家屋倒壊、産業被害などが報告されています。PBVでは、昨年末から今年にかけて中部ビリラン島での被災者生活再建のためのプロジェクトを行いましたが、そのビリラン島でも全壊家屋が844、半壊を含めると1万世帯以上が被害に見舞われた(2015年12月13日時点)との連絡を受けました。

これらの状況を受け、PBVではフィリピンの被災者支援のための募金を立ち上げました。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , |

【福島】 子どもプロジェクト2014・春の実施が決定しました!

この記事についてTwitterでつぶやく

春休みを利用してピースボートクルーズに乗船する、2014年・春の福島子どもプロジェクト「異文化を体験するアジア国際交流の旅」の実施が決定しました!


(2011年・夏、アジアで国際交流プログラムに参加した南相馬市の中学生たち)

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

【フィリピン台風】 活動レポート vol.4

この記事についてTwitterでつぶやく

災害救援を行っているフィリピン中部ビリラン州(島)からのレポートが届きました。この間、東京事務局とも衛星携帯を使って連絡は続けていましたが、インターネット環境がなく写真の送受信が今日になってしまいました。では、ビリラン島での生活再建プロジェクトの様子をご覧ください。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【フィリピン台風】 ビリラン島の現状

この記事についてTwitterでつぶやく

先日のブログでもお知らせしましたが、PBVでは次のフィリピン台風災害救援として、ビリラン島で被災された方々への生活再建プロジェクトを行います。ビリラン島南部は台風が通過し、家屋倒壊などの被害を受けたものの、支援対象としてほとんど認知されていませんでした。今日は、ビリラン島の現状とともに、国連を含む国際援助の現状をお伝えします。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

ブログアーカイブ

【ハイチ/緊急支援】 ハリケーン・マシューの第一次支援を開始しました!

この記事についてTwitterでつぶやく

10月4日に、カリブ海諸国を襲った大型ハリケーン・マシューに対するハイチ、キューバへの緊急支援を行っています。特にハイチでの被害は甚大で、国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、発災から1ヶ月弱が経過した現在も、約80万人が緊急食料援助や物資を必要としている状況です。

PBVでは、発災のニュースを受けて緊急支援募金を立ち上げ、米国のNPO「World Cares Center(WCC)」らと被害調査を進めてきました。また10月29日からは、スタッフのロビン・ルイスがハイチ入りし、WCCのメンバーとともにジェレミー地区等での現地調査とともに、第一次支援(救援物資、コレラ予防のための衛生用品の配布等)を開始しています。

14900568_1221855247888908_7497968355745092926_n

14222156_1221855301222236_4286842273024854420_n

14639588_1221855241222242_139601301262483575_n

 

WCCは、2012年にNYを襲ったハリケーン・サンディでの緊急支援以降、PBVとパートナーシップを持つ米国NYのNPOで、2010年のハイチ大地震から現地活動を続けています。

p1030094-2012-11-30-at-02-06-05-1024x768
ハリケーン・サンディの被災地で行ったWCCとの協働支援活動の様子

 

ハイチ現地では通信事情も悪いなか、環境の悪化や混乱もあるため、十分に現地スタッフの安全面にも気を配りながら行動する予定です。また、現地からの様子など追ってご報告します。

 

●ハリケーン・マシュー緊急支援募金にご協力ください。 コチラ

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , |

【熊本地震】 現地での被害調査を開始!

この記事についてTwitterでつぶやく

熊本県内などで4月14日から続く大地震は、大きな被害と犠牲をもたらしました。被災された方々へのお見舞いと、犠牲になった方々へ心よりお悔やみ申し上げます。また、余震は400回を越え、今日時点でも10分に1回ほど揺れを感じる状況です。これ以上の被害拡大がないことを、切に願ってやみません。

14日夜の発災を受け、私たちも関係団体とも連絡を取りつつ、すぐに被害状況の収集を始めました。一夜明け、報道などによる被害状況も踏まえ、16日早朝にはスタッフを出発させる手配を整えました。その後、16日午前1時過ぎの地震(本震と言われていますが)により、熊本空港への発着便は全便欠航。急遽ルートを変更し、福岡経由で2名の先遣スタッフが熊本入りしました。

IMG_1641

 

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 熊本 | タグ: , , , , , |

【関東・東北豪雨災害】 緊急支援募金にご協力ください

この記事についてTwitterでつぶやく

 

9月10日に台風18号の影響にて発生した大雨により、茨城県・栃木県・宮城県等で冠水や土砂崩れ、河川の氾濫による行方不明者と共に、数千を超える家屋への浸水被害が発生しております。また複数にまたがる市区町村に対し、各種の警報や避難指示などが出されている状況です。

 

PBVでは安全が確認された地域に対し、9月11日より先遣スタッフを3名派遣し現地調査行います。また、加盟している支援ネットワークや関係機関からも情報収集を行い、現地状況に合わせた支援内容の検討していきます。

 

FullSizeRender FullSizeRender1

 

今後の詳しい支援活動については、随時オフィシャルブログFacebookなどで報告していきます。

 

被災された方たちへの支援活動に対する募金を開始しました。
支援活動へのご協力をお願い致します。

募金のご協力はコチラから。

 
 

カテゴリー: プロジェクト・活動内容 | タグ: , , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】 現地報告会から第二次支援に向けて

この記事についてTwitterでつぶやく

 

ネパールの大震災から、1ヶ月が経ちました。
現地は、落ち着きを取り戻しつつありますが、地域によっては厳しい状況が続いています。

 
ネパールで地震災害が発生した地域での先遣調査と支援活動を実施していたPBVスタッフが一時帰国し、5月21日に現地報告会を行いました。PBVでは、5月3日にネパールに先遣職員を派遣し、現地の被害状況やニーズの調査、また支援物資の配布などを行ってきました。
11007722_842164379191332_4575348417988221560_nネパール報告会2

 

報告会では、まずはPBV海外プログラム担当のロビン・ルイスから現地状況の説明を行いました。

首都のカトマンズ市内では、多く人達が広場やバスロータリー、公園などで簡易なテントを建て共同生活している状況です。ネパールでは、レンガ造りの家が多く、比較的耐久性が弱いために、多くの家屋が倒壊してしまいました。家を無くした人がテントでの生活を強いられていますが、半壊の家屋でも「余震のために家で寝るのが怖い」という声を多く聞きました。5月12日に発生した大きな余震では、パニック状態になった方もいて、その恐怖心が伝わってきました。カトマンズは人口密度が高く、また平野部が少ないために、街には広い場所が少ないのも問題になっています。そして、今後数週間で雨季が始まるので、緊急シェルターの必要性が高まっています。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 報告会・説明会情報, 災害ボランティア・トレーニング, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

【ネパール地震被害】 現地レポート(1)

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日にネパールで発生した大地震では、時間が経つにつれ被害規模が明らかになり、発災から日を追うごとに死者数、負傷者数、倒壊家屋の数が激増していきました。強い揺れによってネパールでは、建物の倒壊、雪崩、土砂災害が発生し、7000人以上の方々が亡くなりました。周辺のインド、中国、バングラディシュなども人的な被害が出ています。

ネパール周辺にあるプレートが引き起こす大規模地震の危険性は以前から指摘されており、仙台での国連防災世界会議でも話題に上がっていました。しかし、地域によっては建物がレンガで造られたものも多く、耐久性が比較的弱いために被害が拡大しました。

 

DSC_0070 11193292_841750092566094_5556852756115331883_n

 

 

 

到着後すぐに今回のネパールにて協働して支援活動を行う(特活)「シャプラニー=市民による海外協力の会(以下、シャプラニール)」の事務所にて日本と現地の職員と共に、被害状況や今後の活動に関して打ち合わせを行いました。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 現場レポート | タグ: , , , , , , , , , , |

2015ネパール地震被害 緊急支援を開始します

この記事についてTwitterでつぶやく

 

4月25日、ネパール第2の都市ポッカラの東約80km地点でマグニチュード7.8の巨大地震が発生しました。ネパール国内および周辺国で犠牲者5,000人以上、負傷者も10,000人を越える甚大な被害をもたらしました。

 

特にネパールの首都カトマンズとその周辺にある農村地域に大きな被害が出ています。各国や国際機関、国際NGOが支援活動を開始してますが、緊急物資や医薬品が不足しています。さらに今後は生存されている方々の困難な避難生活が予想されています。

 

8bitnews_vertical adrajapan_vertical
この被害状況を受け、ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では現地にPBV職員2名を派遣し、緊急人道支援を行うことを決定しました。今回の派遣スタッフは、先月サイクロンに襲われた、バヌアツでの現地調査メンバーでもあるロビン・ルイス、2013年のフィリピン台風30号の現地支援を行ったセイフティ・オフィサーのサイモン・ロジャース。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容 | タグ: , , , , , , , |

【フィリピン台風】 被災者支援募金にご協力ください。

この記事についてTwitterでつぶやく

昨年、死者・行方不明者合わせて7,000名を越える被害をもたらした台風災害から1年。フィリピンで、再び巨大台風による被害が発生しました。

12月6日~8日にかけて、フィリピンを横断した台風22号(国際名:ハグピート、フィリピン名:ルビー)により、サマール島をはじめ各地で犠牲者や家屋倒壊、産業被害などが報告されています。PBVでは、昨年末から今年にかけて中部ビリラン島での被災者生活再建のためのプロジェクトを行いましたが、そのビリラン島でも全壊家屋が844、半壊を含めると1万世帯以上が被害に見舞われた(2015年12月13日時点)との連絡を受けました。

これらの状況を受け、PBVではフィリピンの被災者支援のための募金を立ち上げました。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , |

【福島】 子どもプロジェクト2014・春の実施が決定しました!

この記事についてTwitterでつぶやく

春休みを利用してピースボートクルーズに乗船する、2014年・春の福島子どもプロジェクト「異文化を体験するアジア国際交流の旅」の実施が決定しました!


(2011年・夏、アジアで国際交流プログラムに参加した南相馬市の中学生たち)

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

【フィリピン台風】 活動レポート vol.4

この記事についてTwitterでつぶやく

災害救援を行っているフィリピン中部ビリラン州(島)からのレポートが届きました。この間、東京事務局とも衛星携帯を使って連絡は続けていましたが、インターネット環境がなく写真の送受信が今日になってしまいました。では、ビリラン島での生活再建プロジェクトの様子をご覧ください。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , |

【フィリピン台風】 ビリラン島の現状

この記事についてTwitterでつぶやく

先日のブログでもお知らせしましたが、PBVでは次のフィリピン台風災害救援として、ビリラン島で被災された方々への生活再建プロジェクトを行います。ビリラン島南部は台風が通過し、家屋倒壊などの被害を受けたものの、支援対象としてほとんど認知されていませんでした。今日は、ビリラン島の現状とともに、国連を含む国際援助の現状をお伝えします。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , |