支援を活かす地域力ワークショップ

「支援を活かす地域力ワークショップ」の講師派遣、開催団体を募集しています。
内容は3.5時間のセミナー形式が基本ですが、「2時間程度で実施してほしい」「行政と民間の連携事例などを中心に話してほしい」など、地域や対象、予算などの事情に合わせたアレンジも可能です。
お気軽にご相談ください。
石巻市民から学ぶ!!支援を活かす地域力

ワークショップ概要

目的災害対応の基礎と災害時の地域の課題を知り、
集まった参加者で対応策を考える。
対象行政職員、社会福祉法人、町会・自治会・自主防災組織、
地域のNPO・有志グループなど
形式テキストとスライド教材を使ったワークショップ(参加型講習)
時間3.5時間
持ち物筆記用具
お住まいの地域の避難場所・避難所が記載されている地図
(例えば:ハザードマップ、防災マップ、避難所マップなど)

セミナー内容

「支援を活かす地域力ワークショップ」は、災害対応の基本的な枠組みを学んだ上で、小グループに分かれて地域特有の事例や課題を考えます。ワークショップ終了後には、具体的に災害発生時の動きを想像し、今からできる地域での備えが見つかるでしょう。

第1部 災害支援の枠組みを知る

災害発生時には、誰がどのような動きをするのでしょうか?
被災地域の住民は、どのような取り組みが求められるのかを学ぶ。

第2部 ヒト・モノ・カネ・情報を活用するために

冊子『石巻市民から学ぶ!!支援を活かす地域力』に掲載されている事例を紹介しながら、受講者自身が災害時に起こりうる状況を想定して、それらへの対応策を検討する。

第3部 まとめ

冊子『石巻市民から学ぶ!!支援を活かす地域力』に掲載されている事例を取り上げながら、今からできる地域の備えについて考える。

開催条件

  • 最少催行人数5名。最適人数は20人前後ですが、大人数での実施も可能です。
  • 対象グループに合わせて、内容をアレンジしています。属性などお知らせください。
  • 参加者の募集・案内は開催団体にお願いしています。
  • 会場と機材(プロジェクター、スクリーンなど)の準備は開催団体にお願いしています。
  • 講習費の目安として、8万円(非営利団体は6万円)をいただいています。
  • 講習費のほか、講師2名分の交通費旅費とテキスト代(1冊あたり1,000円・税別)をご負担ください。
  • 参加者への参加費・資料代などの設定は、開催団体の判断にお任せします。
  • 内容の改善・研究のため、参加者へのアンケート調査にご協力いただく場合があります。

ご依頼・お問い合わせ












  • 個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。
 

受講者からの感想

自分が思いつかなかったアイデア・観点を、具体的な事例を通して知ることができたので、非常に気づきの多い講習になりました。実際に、自分の暮らす地域で丸ごと同じ事例や方法を取り入れることはできないかもしれませんが、知っているのと知らないのではまったく違います。ありがとうございました!(静岡在住、地域災害ボランティア登録者、40代女性)
このプロジェクトは、CWS JAPAN、UMCOR の協力により運営しております。
お気軽にお問い合せください
ピースボート災害ボランティアセンター

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F
TEL:03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
FAX: 03-3362-6073
※個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。