【募集開始】 11/25・東京 ケーススタディー・トレーニング

被災地でボランティアが活動するに当たり、ボランティア・コーディネーターやリーダーが考えておくべき想定はたくさんあります。しかし、実践経験が少ない 中で、どういったトラブルや困難があるかを想像するのはなかなか難しいもの。

今回実施する「ケーススタディー」は、ピースボート災害ボランティアセンター (PBV)と複数の大学教授や学生らが協力し、ボランティアリーダーが実際 に現場で目の当たりにした事例をシュミレーション化した学習プログラムです。

ディスカッションやワークショップを通じて、被災された方々と接する中で、またボランティアをまとめる上で、実践を想定した「想像力」と「判断力」を養います。

 

※「ケーススタディー」は、PBVが行っている「災害ボランティア・トレーニン グ」のスキルアップの一環で実施しています。

 

============================================================
災害ボランティア・トレーニング スキルアップ
「ケーススタディー ~現場を想像する、判断力を身につける~」
============================================================

【日 時】2012年11月25日(日) 10:00~16:30
【場 所】JICA東京(東京都渋谷区西原2-49-5)
【参加費】一般 3,000円 / サポート会員 2,000円
【定 員】定員 10~30名(要予約)
※10名以下の場合は、催行中止もあります。

 width= width= width=

【対 象】
・PBVの「災害ボランティア・トレーニング」(「災害ボランティア入門」「災害ボラ ンティア検定」「リーダートレーニング」)のいずれかを修了・合格している人
・災害支援に関わったことのある企業、団体職員
・災害ボランティア経験者で、将来の災害に対しても活動する意志のある人

 

●プログラム内容・当日スケジュール●

10:00 趣旨説明+自己紹介
10:20 東日本大震災とボランティアの活動に関する映像
10:50 ケーススタディー①「誰のためのボランティアか?」
(80分) ディスカッション+グループ発表+解説
12:10 ケーススタディー②「ボランティアへの配慮と対応」
(80分) ディスカッション+グループ発表+解説
13:30 昼休憩
14:30 ケーススタディー③「災害現場の多様性と協働を考える」
(90分) ディスカッション+グループ発表+解説
16:00 フィードバック&質疑応答
16:30 終了

【協 力】
福武慎太郎(上智大学グローバル・コンサーン研究所)/渋谷努(中京大学国際 教養学部教授)/金敬黙(中京大学国際教養学部准教授)/Church World Service-Asia/Pacific ほか

 

●予約先 : ピースボート災害ボランティアセンター●
▼TEL:03-3363-7967(10時~19時/土日祝休み)
▼メール:training@pbv.or.jp
※件名を「ケーススタディー参加希望」とし、本文に「お名前、フリガナ、所属、電話番号、メールアドレス」をご記入の上、送信してください。

※個人情報の取扱については コチラ をご覧ください。

 

 

【お問い合わせは】

ピースボート災害ボランティアセンター
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1
TEL: 03-3363-7967 (10:00-19:00/土日祝定休)
FAX: 03-3362-6073