福島子どもプロジェクト2012 夏の第一弾が決定!

昨年夏、福島県南相馬市の中学生約50名がピースボートの船に乗り、アジアでの国際交流を楽しんだ「福島子どもプロジェクト」。放射線への不安、制限や悩みを抱えた家庭・学校での生活からの保養と、子どもたちの成長につながる自然体験や国際交流を目的としています。今年の夏は2本立てで計画中で、その第一弾の概要が決まりました。

 

「登ろう!日本一高い富士山へ」

 width=

このプロジェクトは、昨年も「福島子どもプロジェクト」の呼びかけ人としてご協力いただいた登山家で福島出身の田部井淳子さんが代表を務める「HAT-J」(NPO法人日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト)とのコラボレーションで実施します。

対象となる約40人東北高校生のうち、「南相馬こどものつばさ」の一環として、特別に南相馬市の中学3年生を PBVもお手伝いしながら募集します(一般応募は、HAT-J で受け付けています)。

 

本格的な募集開始を前に、先日南相馬での打合せを行ってきました。南相馬には、中学校が6つ。昨年の今頃は全中学校が鹿島中学校に集まっての授業でしたが、現在は母校での授業を再開したところもあります。それでも、訪問翌日に予定されている運動会は、多くの学校で体育館の室内での実施。生徒数も、生活や学習環境もまだ元通りとはいきません。

 width=
昨年もお世話になった西道典さんと、福島支援担当のPBV武田

 

この夏、日本一の富士山に登り、楽しさと感動、そして福島に勇気と元気を持ち帰って欲しいと思っています。

 

===========================================================================

HAT-Jと田部井淳子さんからのメッセージです。

復興を目指す被災された東北の中高生の皆さんへ

 width=

この夏、日本一高い富士山に登ってみませんか?
日本一の頂に立ち、次なる東北を支える新たな勇気と元気を山からもらって前へ進んでほしいと心から願っています。復興をめざす被災された高校生の参加をお待ちしています。

HAT-J代表 田部井淳子
HAT-J東北応援プロジェクト実行委員長 神崎忠男

===========================================================================

 

※「福島子どもプロジェクト」は、PBV(一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター)と、NGOピースボート事務局が共同で実施しています。

●「福島子どもプロジェクト」をはじめ、PBVの福島支援を応援してください。

・「サポート会員」として、PBVの運営を支えてください。

一口(1年間)  個人会員 5,000円  団体会員 100,000円
※詳細・ご加入方法は コチラ

・福島支援プロジェクトへの募金にご協力ください。

郵便振替口座 : 00120-9-488841(※下6桁は右ツメ)
口座名 : 社)ピースボート災害ボランティアセンター
※通信欄に「フクシマ」とご記入ください。

※その他、銀行口座からの募金、クレジットカードでの募金も可能です。詳しくは コチラ

※「福島子どもプロジェクト2012夏」2本立てのもうひとつは、福島とベネズエラの高校生たちのジュニアオーケストラ音楽交流を計画中。こちらも詳細が決まり次第、お知らせします。上記の募金は、このプロジェクト実施のための資金にも充てさせていただきます。

 

photo by Wikimedia Commons(GNU Free Documentation License)