【チリ】 史上最悪の森林火災への支援

 

南米チリでは、史上最悪の森林火災の被害が続いています。

 

本年が明けてすぐの1月2日、太平洋に面したチリの港町バルパライソでは、大規模な森林火災が発生しました。その後、同時多発的にチリ各地に火災が広がり、首都サンチアゴ周辺を含め118箇所で森林火災が発生しました。

 

WhatsApp Image 2017-01-24 at 7.57.27 PM WhatsApp Image 2017-01-25 at 8.41.39 AM

写真:CODEFF(チリ動植物保護協会)

 

現地の報道によると、これまでに6000人以上が被災し、1551軒の家屋が倒壊しました。1ヶ月以上も火災が続いており、焼失面積はすでに4,800平方キロメートルにおよび、それは東京都2つ分もの面積におよびます。チリ政府は、近現代史上最悪となるこの森林火災をうけて「国家非常事態宣言」を発令しました。また、各国からの支援も開始されています。

 

現在、南半球は夏の時期となり、山火事が発生しやすい季節です。チリでは、10年近く干ばつが続くなか乾燥と高温、強い風によって被害が広がったもようです。

WhatsApp Image 2017-02-10 at 17.55.31 (1) WhatsApp Image 2017-02-10 at 17.55.31

写真:CODEFF(チリ動植物保護協会)

 

チリのバルパライソの美しい歴史的な街並みは、2003年にユネスコの世界遺産にも登録されており、国際NGOピースボートの地球一周クルーズが頻繁に訪れる港町です。現在、航海中の「第93回 地球一周の船旅」は2月12日に、バルパライソに入港しました。PBVでは現地カウンターパートナーと協働し、日本モーターボート競走会から提供いただいた備蓄食10,000食を火災の被災者へ届けました。船内でも、多くの乗客の皆さんが支援募金にご協力いただきました。

 

P1320522
備蓄食支援の様子は、また後日ブログで紹介します。