その他

●持ち物

・健康保険被保険者証…病院にかかる際に必要です
・ボランティア保険加入証明書…コピー可
・作業着(長袖、長ズボンなど動きやすい服装、防寒着)
・靴(地上での活動は安全靴の用意をお願いします)
・各自必要な着替え
・飲料水(2L程度)
・昼食
・現金(多めに)
・運転免許証(持っている方のみ)

【高所作業者】
・地下足袋
・胴ベルトまたはハーネスベルト
・ランヤード
等、安全作業に必要な装備品

※参加期間の気温や天候に合わせてご準備ください。
被災地でのボランティア活動です。見た目がだらしないものや露出の多いものは控えてください。

【宿泊する方】
・滞在期間分の着替えや日用品(タオルや洗面用具など)
・常備薬など

●●宿泊先の生活環境について

▼宿泊場所
・宿泊場所は、袖ヶ浦市にある福祉施設をご厚意でお借りしております。
・電源・水道・ガスは使用可能です。
※宿泊する方は自己負担金 1,000円をいただきます。(PBVサポート会員は無料)

▼部屋
・男女別に区切られたお部屋(和室)です。合宿施設などをイメージしてください。
・寝具は寝袋と銀マットを用意しています。

▼トイレ
・男女別です。

▼キッチン
・電子レンジ、コンロ(ガス、IH)、調理器具(やかんなど)、食器(湯呑、皿など)があります。
※冷蔵庫はありません。

▼入浴施設
・宿泊施設内に、浴室・シャワー等の設備はありません。
・活動終了後に近隣の入浴施設へ立ち寄ります。
 ※基本無料。施設休館日は有料施設(500〜800円程度)を使用します。

▼洗濯
・施設内に洗濯機はありません。
・必要な方は、活動終了後に近くのコインランドリー等へ立ち寄ります。

▼ス―パー、コンビニ
・拠点から徒歩20分のところにコンビニがあります。
・その他、活動場所や、宿泊拠点への移動途中に立ち寄ることができます。

●その他、情報
・高速道路無料通行申請の手続きが簡素化されました。こちらをご確認ください。

●貸出可能物品

・ヘルメット
・ゴーグル
・防塵マスク
・ヤッケ
・皮手袋、ゴム手袋
・長靴、安全中敷き

※長靴は23,5cm~28cmまで用意があります。各サイズの数量には限りがありますので、貸出可能サイズ以外の方や完全に一致するサイズをご希望の方はご持参ください。