東日本大震災 石巻市・女川町での支援活動

(2011/03/11 >> 現在)
石巻市周辺地図
東日本大震災で、大きな被害を受けた宮城県石巻市と女川町を中心に、いち早く大規模なボランティアを組織し緊急支援を行ってきました。参加したボランティアの数は、2012年3月までの1年間で1万1千人(日別のべ6万7千人)を越えます(インターナショナル・ボランティア、企業ボランティアのコーディネート含む)。現在も、仮設入居者支援やまちづくりプロジェクトなど、現地ニーズに合わせた多様な支援活動を展開しています。

一度に大規模なボランティアが必要な状況は改善しましたが、いまもボランティアによる支援活動は続いています。ボランティアの募集や活動の詳細は、「ピースボートセンターいしのまき」のホームページをご確認ください。
ピースボートセンターいしのまき
ボランティア派遣人数
13,816
日別ボランティア活動数
82,564
企業・団体ボランティア
日別のべ活動数 8,011人(102の企業・団体・学校)
インターナショナル・ボランティア
日別のべ活動数 3,471人(56の国と地域)
※2013年3月31日時点

活動内容

震災後、いち早く大規模なボランティアを組織し、炊き出しや泥かき、物資配布、避難所への支援などに当たりました。その後、現地ニーズが復旧・復興支援へと変化して以降も、地元の方々とともに、ボランティアによる幅広い活動を展開しています。
お祭りのお手伝い
お祭りのお手伝い

仮設商店街のお手伝い
仮設商店街のお手伝い
子ども向けイベント
子ども向けイベント


生業支援
生業支援
緊急支援物資の配布
緊急支援物資の配布
避難所の生活サポート
避難所の生活サポート

ピースボートセンターいしのまき

ピースボートセンターいしのまき 2012年6月、石巻市内に「ピースボートセンターいしのまき」を開設しました。地元の方々も集まるソーシャル・コミュニティ・スペースとして、ボランティアの募集とコーディネート、イベントの実施、「仮設きずな新聞」の発行やインターネットラジオによる情報発信、語り部や「災害ボランティア入門」による防災・減災への取り組みを行っています。
→公式ホームページはコチラ

ボランティア冊子 「石巻通

石巻ボランティア冊子 「石巻通心」 震災から1年間の活動を記録したボランティア冊子です。全6号、3,000円(送料無料)。
→詳細・購 読申込はこちら

仮設きずな新聞

仮設住宅での暮らしや地域の生活役立ち情報などをまとめた「仮設きずな新聞」を隔週で編集し発行しています(発行部数:約5,500部)。設置・配布場所は、石巻市内の約90ヶ所の仮設住宅団地や地域のお店などです。
→バックナンバーはコチラ
週刊「仮設きずな新聞」第1号

ドキュメンタリー『復興への一歩』


復興への一歩
ー被災者とボラ ンティアの絆ー

震災から半年、石巻の活動を追ったドキュメンタリー(24分/日本語・英語)
© Church World Service-Asia/Pacific / ピースボート災害ボランティアセンター / ファニプロ