2014年3月「だから、石巻へ行こう!」プログラムを開催!


~あの日から丸3年の石巻に、会いに行きませんか?~

東日本に甚大な被害をもたらした、大震災からまる3年。そして、4年目を迎えようとしています。

石巻では、がれきの焼却処理も終了し、少しずつ街の様子は変化しています。しかし、見た目だけではわからない「今の石巻」を理解するには、人 と人との交流がとても重要だと考えています。そこには「被災地」という言葉ではくくれない、それぞれの生活や想いがあります。

あの日から3年が経とうとしてる、今だからこそ、この地で起きた震災についてお互いに学び、次に繋いでいくきっかけとして、ピースボート災害ボランティアセンター(以下PBV)は、2014年3月、「だから、石巻へ行こう!」と題して多彩なプログラムを実施します。

この機会に、石巻に訪れてみませんか。

プログラム

イマ、ココ プロジェクト。
①イマ、ココプロジェクト。

漁村に滞在しながら漁師の仕事をお手伝い。漁村の暮らしと震災後について学ぶ新しいボランティア活動。ホームステイならではの密な交流が魅力。

仮設きずな新聞配達ボランティア
②仮設きずな新聞配達ボランティア

仮設住宅にお住まいの皆さんを戸別訪問し、PBVの発行する情報誌を配布する活動。

週末交流プログラム
③週末交流プログラム

震災後を生き抜く地元の人と出会い、震災当時と今を伺うプログラム。3/1(土)は、牧浜の漁師を訪問予定。

災害ボランティア入門
④災害ボランティア入門

個人でできる災害への備えや災害支援に関する一般知識を学べます。この機会に、防災・減災について考えてみませんか。

語り部を聞く会
⑤語り部を聞く会

3.11の震災を体験した一般市民の「語り部」(被災体験)を聞く会。津波の残した教訓、故郷復興への願いを直接聞いてみませんか。

PBVスタッフと街歩き
⑥PBVスタッフと街歩き

PBVスタッフやボランティアが、震災直後の写真や資料を使いながら街をご案内します。津波の威力がいかなるものだったのか、今の街に至るまでの経緯を学びたい方にお勧めです。

地元の若者と振り返る3.11
⑦地元の若者と振り返る3.11

朗読劇を通して3.11を知る。劇鑑賞後は、劇中に登場する場所をめぐり、日和山頂上へ。発災時間(14:46)に黙とう後解散予定。

「いしのまきのあさ」鈴木省一写真展
⑧「いしのまきのあさ」鈴木省一写真展

震災直後からボランティアとして石巻で活動する写真家が撮り続けている写真、それは朝に向かって明るくなっていく今の石巻の写真。

舞台「イシノマキにいた時間」
⑨舞台「イシノマキにいた時間」

演じて支える復興支演。長期で支援に携わるボランティアの葛藤や今の石巻の魅力を、3人の役者が伝える。

「だから、石巻へ行こう」スケジュール  〜2014年3月〜

※予定をクリックして、詳細をご覧下さい。
1
2
3
4
5
6
7※休館日
8
9
10
11
12
13
14※休館日
15
16
17
18
19
20
21※休館日
22
23
24
25
26
27
28※休館日
29
30
3 1

×Close①イマ、ココプロジェクト。イマ、ココ プロジェクト。漁村に滞在しながら漁師の仕事をお手伝い。漁村の暮らしと震災後について学ぶ新しいボランティア活動。ホームステイならではの密な交流が魅力。土曜日-翌金曜日まで毎週実施◇集合:毎週土曜日13:00 ピースボートセンターいしのまき
◇解散:翌金曜日17:30頃
詳細・お申し込み

×Close②仮設きずな新聞配達ボランティア仮設きずな新聞配達ボランティア仮設住宅にお住まいの皆さんを戸別訪問し、PBVの発行する情報誌を配布する活動。◇日程:
 ・03/08(土)-03/09(日)
 ・03/21(金)-03/23(日)
◇集合:活動初日08:30 ピースボートセンターいしのまき
◇解散:活動最終日18:00
詳細・お申し込み

×Close③週末交流プログラム週末交流プログラム震災後を生き抜く地元の人と出会い、震災当時と今を伺うプログラム。3/1(土)は、牧浜の漁師を訪問予定。◇日程:03/01(土)「震災後を生き抜く漁師と出会う」
◇集合:03/01(土)08:30
◇解散:03/01(土)17:00
詳細・お申し込み

×Close④災害ボランティア入門災害ボランティア入門個人でできる災害への備えや災害支援に関する一般知識を学べます。この機会に、防災・減災について考えてみませんか。◇日程:03/15(土)13:00-16:30
◇開催場所:ピースボートセンターいしのまき
※午前中は「PBVスタッフと街歩き」への参加を推奨いたします。
詳細・お申し込み

×Close⑤語り部を聞く会語り部を聞く会3.11の震災を体験した一般市民の「語り部」(被災体験)を聞く会。津波の残した教訓、故郷復興への願いを直接聞いてみませんか。◇日程:
 ・03/08(土)10:00-11:30
 ・03/22(土)10:00-11:30
◇参加費:500円
◇要申込
◇開催場所:ピースボートセンターいしのまき
※5名以上のグループであれば、ご希望の日時で語り部プログラムを実施することが可能です。[詳細]
お申し込み

×Close⑥PBVスタッフと街歩きPBVスタッフと街歩きPBVスタッフやボランティアが、震災直後の写真や資料を使いながら街をご案内します。津波の威力がいかなるものだったのか、今の街に至るまでの経緯を学びたい方にお勧めです。◇日程:
 ・03/09(日)10:00-12:00
 ・03/15(土)10:00-12:00
 ※午後は「災害ボランティア入門」への参加を推奨いたします。
 ・03/29(土)10:00-12:00
◇参加費:500円
◇要申込
◇集合場所:ピースボートセンターいしのまき
◇案内ルート(予定)
 南浜門脇地区(門脇小学校・西光寺など)→日和山→街なか散策
 ※約2時間の徒歩散策となりますので、
  歩きやすい靴・服装でお越しください。
お申し込み

×Close⑦地元の若者と振り返る3.11地元の若者と振り返る3.11朗読劇を通して3.11を知る。劇鑑賞後は、劇中に登場する場所をめぐり、日和山頂上へ。発災時間(14:46)に黙とう後解散予定。◇会場:ピースボートセンターいしのまき
◇開演:03/11(火)12:30-14:00
 劇鑑賞後、日和山頂上まで散策
◇無料・要申し込み
◇企画者:高橋さやか
高橋さやかコメント:
船上で上演した震災時の石巻が舞台の朗読劇。船旅で出会ったメンバーと石巻で上演し、この地でこの作品を観て頂くことで、『石巻』と『震災』、そして『繋がりの大切さ』を感じて欲しいです。
プロフィール:
石巻市三河町の職場で被災。職場のビルから水のなくなった海や波にのまれる街を目の当たりにする。2013年石巻ユースアンバサダーとしてピースボート地球一周の船旅第80回クルーズに乗船、世界各地で被災体験の証言会や交流会を行い、積極的に震災の教訓を伝えてきた。
お申し込み

×Close⑧「いしのまきのあさ」鈴木省一写真展「いしのまきのあさ」鈴木省一写真展震災直後からボランティアとして石巻で活動する写真家が撮り続けている写真、それは朝に向かって明るくなっていく今の石巻の写真。◇開催日時:03/06-03/30(03/9-12・毎週金曜除く)10:00-18:00
◇会場:ピースボートセンターいしのまき
◇予約不要

×Close⑨舞台「イシノマキにいた時間」舞台「イシノマキにいた時間」演じて支える復興支演。長期で支援に携わるボランティアの葛藤や今の石巻の魅力を、3人の役者が伝える。◇開演:3/11(火) 2回公演:15:00-/19:00-
◇会場:仙台市民会館小ホール
◇料金:1,000円(税込・未就学児の入場不可)
 同時開催 「いしのまきのあさ」鈴木省一写真展
◇【チケット発売】詳細は「イシノマキにいた時間」公式ホームページ

各種プログラムへの参加方法


下記リストから希望プログラムの詳細を確認の上、お申込ください。

※一部のプログラムは開催日時が重複しています。複数のプログラムに申し込まれる際は、併せて参加が可能か、時間や開催場所など確認したうえでお申込ください。

  • ①「イマ、ココプロジェクト。」への参加を希望する 詳細・お申込み
  • ②「仮設きずな新聞配達ボランティア」への参加を希望する 詳細・お申込み
  • ③「週末交流プログラム」への参加を希望する 詳細・お申込み
  • ④「災害ボランティア入門」への参加を希望する 詳細・お申込み
  • ⑤「語り部を聞く会」への参加を希望する お申込み
  • ⑥「PBVスタッフと街歩き」への参加を希望する お申込み
  • ⑦「地元の若者と振り返る3.11」への参加を希望する お申込み
  • ⑧「いしのまきのあさ 鈴木省一写真展」は申込不要です、直接会場へお越しください。
  • ⑨舞台「イシノマキにいた時間」への参加を希望する 詳細・お申込み
PBVのボランティア拠点「廣山」に宿泊が可能です。(500円/泊)
希望の場合は申し込み時にお申し出ください。
◇詳細:http://pbv.or.jp/ishinomaki-psen/form/kozan/

「語り部を聞く会」「PBVスタッフと街歩き」「地元の若者と振り返る3.11」申し込みフォーム

※各開催日の3日前までに下記フォームにてお申し込みください。
 お電話でのお申し込みも可能です。
 ピースボートセンターいしのまき(TEL:0225-25-5602 10:00-18:00 定休:金)

本件に関するお問合せは・・・
 E-mail:pbv.vo.ishinomaki@pbv.or.jp
 TEL:0225-25-5602 (10:00-18:00/定休日:日曜日・祝日)
 担当:岡本