仮設きずな新聞

 ピースボート災害ボランティアセンター(以下、PBV)では2011年10月より、地域のハッピーニュースや仮設住宅を住みこなすコツなどをまとめた「仮設きずな新聞」を定期的に発行し(2012年3月までは毎週、4月以降は隔週)、ボランティアの手で配布してきました。

 2013年3月で一旦休刊することになりましたが、休刊前に全団地で読者アンケートを実施しました。アンケートを通して分かったのは、仮設きずな新聞には読者がいるということ、仮設住宅に暮らす方々は情報を必要としているということ、多くの人が仮設きずな新聞から元気をもらっていたということ。本当に沢山の住民さんが、仮設きずな新聞を楽しみにしてくださっていたことがわかりました。

 このアンケートの結果を受けPBVでは、2013年6月より「仮設きずな新聞」を再刊することを決めました。仮設住宅に暮らす方々により愛される新聞をつくっていくために、コンせプトを「仮設住宅での暮らしに役立つ情報を発信する新聞」「ココロが元気になる新聞」とし、編集体制も一新して、毎月10日、25日の2回発行、市内の全仮設住宅133団地に配布しています。

◎仮設きずな新聞【配達ボランティア】の募集についてはこちら
◎仮設きずな新聞【記者ボランティア】の募集についてはこちら

◎仮設きずな新聞FACEBOOKページはこちら

掲載内容/コーナー

仮設きずな新聞02 (2)◎地域のハッピーニュース
◎復興住宅関連の情報
◎イベント情報
◎教えて!からころドクター(by からころステーション
◎医療・健康関連(by キャンナス東北
◎まちなか情報局(by 街づくりまんぼう
◎出張!自治連便り(by 石巻仮設住宅自治連合推進会
◎北上かわら版
◎雄勝なう!
◎【投稿募集中】きぼう川柳(by 復興大学)
◎【投稿募集中】拝啓、いしのまき様
◎広告掲載(求人、セール等)⇒広告掲載申込書こちら

 

編集委員メンバー紹介

2013年6月より、新しい編集体制になりました!
石巻市内市内で活動する他団体と協業して、新聞を制作しています。多様なバックグラウンドを持つ団体と協業することで、より幅広く深い情報発信が出来るようになりました。月に1~2回、編集会議を実施し、次号の台割や新しいコーナーのアイディアなどを話し合っています。

_DSC0688【編集部メンバー】
◎株式会社街づくりまんぼう 苅谷智大
◎一般社団法人震災こころのケア・ネットワークみやぎ 高柳伸康
◎一般社団法人キャンナス東北 野津裕二郎
石巻仮設住宅自治連合推進会 西本健太朗
復興大学 伊東孝浩氏

※名前をクリックすると、自己紹介のページに飛びます。

バックナンバー


仮設きずな新聞 Facebookページ

新聞の制作/配布に関する小話を呟いています。「いいね!」をお願い致します!
https://www.facebook.com/kasetsukizuna

kasetsukizuna_facebook

仮設きずな新聞に関するお問合せは・・・
 E-mail:kasetsukizuna@pbv.or.jp
 TEL:0225-25-5602 (10:00-18:00/定休日:日曜日・祝日)
 担当:岩元