防災・減災への取り組み
-過去の災害に学び、人と人が支えあえる社会を-

防災・減災への取り組み

災害ボランティア・リーダートレーニング
東日本大震災では、多数のボランティアが被災地での活動をし、復興への大きな後押しになりました。この経験や課題を共有し、今後の地域防災や広域災害での救援活動に活かすための人材育成の取り組みが「災害ボランティア・リーダートレーニング」です。
講演・イベント
東日本大震災をはじめ、被災地の最新状況を伝え、広く防災・減災への意識を高めるため、積極的に講演やシンポジウムに参加、ボランティアによるイベントブース出展などを行っています。講演依頼や出張ボランティアセミナーのご相談も、お気軽に事務局までお問い合わせください。

減災サイクル

私たちは、自然災害の発生自体を止める術を持ちません。しかしながら、過去の災害から学ぶことで、次の被害を最小限にするための努力はできます。
地域の防災を考える時、お互いが支え合えるコミュニティと外からの支援を効果的に力に変える仕組みが必要です。そのためには、日頃からの防災教育など、事例に基づいた実践的な想像力を養うことが大切でしょう。また、災害発生からの応急対応に始まり、復旧・復興、次の災害における被害抑止や被害軽減といった取り組みを、個別ばらばらではなく一連の流れとして受け止め、実行することが具体的な減災へ道のりと言えます。この考え方は「減災サイクル」(Disaster Management Cycle)と呼ばれ、国際的にも取り入れられています。
減災サイクル

緊急支援体制と災害ボランティア派遣システム

ピースボート災害ボランティアセンターでは、国内外の災害への緊急支援活動を行っています。災害の規模や種類により活動内容は異なりますが、まずは被災地へ先遣スタッフを派遣し、現地ニーズ・状況・条件などを調査した上で「ボランティア・物資・資金」の中で適切な支援の形を検討します。同時に、東京事務局でも後方支援の準備を開始することで、ボランティア派遣決定後すぐに募集を始められるようになります。被災地での活動は、日々状況が変わるのが前提。やみくもに希望者を受け入れるのではなく、遠隔地でのオリエンテーションや現地受け入れ体制を素早く整えることで、組織的かつ責任あるボランティアの活動を進めることができます。
減災サイクル

民間防災および被災地支援ネットワーク

緊急時の迅速かつ効率的な活動を進めるためには、平時より企業、NGO/NPO、行政などのセクターの垣根を越えた信頼関係と連携のシステムの構築が必要です。
ピースボート災害ボランティアセンターは、その準備強化を目的とするプラットフォーム『民間防災および被災地支援ネットワーク』の運営事務局の一員として活動しています。ネットワークには東日本大震災で社員ボランティアをはじめとする被災地支援を行った企業や、将来の国内災害に対しても活動の意志を持つNGO/NPO・中間支援団体が参加し、2ヵ月に1度の定例会での情報共有・意見交換など、積極的な信頼構築に向けた日頃からの取り組みを実施しています。

第3回国連防災世界会議に向けて

2015年3月、「第3回国連防災世界会議」が、東日本大震災の被災地である仙台市で開催されます。2005年に神戸で行われた第2回会議では、「兵庫行動枠組(HFA)」が採択され、10年間に渡って各国の防災・減災の指針となってきました。新たに「HFA2」の採択を目指す第3回会議では、東北各地で活動するボランティアや市民社会の経験を共有するため、PBVとしても国内NGOのワークショップを共催したり、国連ISDR(国際防災戦略)主催の「防災グローバル・プラットフォーム会合」に参加するなどの準備を進めています。
東日本大震災では、発災直後から現場で大規模な災害ボランティアを組織し支援活動を展開してきたピースボート災害ボランティアセンター(PBV)では、国内外の現場で災害支援を行ってきたNGOピースボートでの17年間の経験とともに、独自の防災・減災へ取り組みを進めていきます。東北の被災地で続く活動ともども、ご支援ご協力のほど、よろしくお願いいたします。