「READYFOR?」と「モバオク」での支援受け付けスタート

「福島こどもプロジェクト2013春inオーストラリア」へは、たくさんの方からご支援やご関心をいただいています。支援していただくには、いくつかの方法がありますが、インターネットを使った方法が2つ最近始まったのでご紹介します。

1つめは、モバイルオークションを使った方法。2つめは、ウェブサイトでのクレジットカードを使った引き換え券購入式の寄付です。

①「READYFOR?」にて『保養×国際交流 南相馬から成田空港に中学生12名を送り届けるバスを!』プロジェクトがスタート

READYFOR(レディーフォー)にて、オーストラリアへ向かう中学生12名が南相馬から成田へと向かい、また帰国時に帰るバスの費用への支援を募っています。

原発事故により、首都圏に向かう鉄道も道路も寸断されたままの南相馬市。成田空港までの道のりを、子どもたちが安心して移動できるように、そしてご家族が安心して送り出せるように、往復のバスをチャーターするためのプロジェクトです。詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

URL: https://readyfor.jp/projects/FukushimaKodomo2013

READYFORは、”実行者”を支援する日本初のクラウドファンディングです。実行者は、支援金の目標額と募集期間を設定し、募集期間内に目標額の支援金が集まった場合のみ、プロジェクトは「成立」し、資金を得ることができます。 1円でも満たない場合、支援金はそれぞれの支援者に全額返金される、というしくみです。
(「READYFOR?をもっと知る」より https://readyfor.jp/about_more

 

②「モバオクで震災復興支援」がスタート

信頼資本財団と株式会社モバオクが協働で実施する「モバオクで震災復興支援」が3/4(月)にスタートしました。

「モバオクで震災復興支援」は、東日本大震災の被災地で復興支援に取り組むNPO(非営利団体)が出品する商品を入札・落札したり、直接寄付することで支援することが可能な、オークションを通じた新しいチャリティープロジェクトです。今回の支援対象5団体の一つとしてPBVが選ばれ「福島子どもプロジェクト2013・春」を対象事業としています。

今回のプロジェクトは、インターネットオークションを使った、支援先を指定できるチャリティーイベントとしては、日本最大級の取り組みです。さらに、今回は震災復興支援のために横浜DeNAベイスターズの協力を得て、球団選手のチャリティーオークションも開催する予定です。

■モバオクで震災復興支援概要
プロジェクト名 :モバオクで震災復興支援
開催期間:2013年3月4日(月)13時~3月31日(日)21時
URL :スマートフォン・パソコン http://www.mbok.jp/_koken_2
ケータイ http://mbok.jp/_koken_2

■モバオクについて
モバオクは有料会員数104万人*2、定額制で「いつでも」「どこでも」入札・落札が可能な、
若者向けブランドやファッションを中心とした国内最大級のオークションサイトです。
*1 株式会社モバオクは、株式会社ディー・エヌ・エーとKDDI株式会社の共同出資会社です。
*2 2012年12月時点での有料会員数。

 

◆「福島子どもプロジェクト2013・春」では、郵便振替および銀行振り込みでの募金も受け付けております。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。

◇郵便振替
郵便振替口座 : 00120-9-488841  ※下6桁は右ツメ
口座名 : 社)ピースボート災害ボランティアセンター
※通信欄に「フクシマ」とご記入ください

◇銀行口座
ゆうちょ銀行 ゼロイチキュウ店(019店) : 当座0488841
口座名 : 社)ピースボート災害ボランティアセンター
※振込依頼人の前に「フクシマ」とお書きください ⇒ 例)「フクシマ ヤマダタロウ」
※三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行についてはお問い合わせください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*