ブログアーカイブ

【国連防災世界会議レポート】 市民防災世界会議編

この記事についてTwitterでつぶやく

各国の代表が集まり、今後15年間の国際的な防災目標を決める本体会議は、いわば「公助」の役割を話し合った会議。もちろんその中でも民間企業やボランティア団体との連携について触れる場面はありましたが、災害時の「自助」「共助」を担う市民自らが主体的に作り上げたのが「市民防災世界会議」です。

トップ

日本開催の防災世界会議ということもあり、104団体が集まった日本の市民ネットワーク「JCC2015」が主な企画運営を担いましたが、地球市民社会のための防災ネットワーク(GNDR)アジア防災・災害救援ネットワーク(ADRRN)ホワイロー委員会という3つの国際NGOネットワークや、仙台・東北の地元団体の皆さんにも多くのご協力をいただきました。

過去3回の国連防災世界会議でも初開催となった取り組みでしたが、新聞やテレビでも大きく報道され、4日間を通して国内外1,500名以上が参加。東日本大震災や様々な被災地で災害支援、平時の各地域で防災・減災に取り組む市民が一堂に会し、自分たちがこれからやるべき実践例のヒントとつながり、そして元気を持ち帰ることができたのが大きな成果だったと思います。

●会議プログラムは コチラ (PDF/4.4MB)

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , |

【国連防災世界会議レポート】 パブリックフォーラム編

この記事についてTwitterでつぶやく

第3回国連防災世界会議の大きな成果のひとつは、予想を大幅に上回る「市民参加」を達成したこと。10年前の第2回会議は、行政や防災関係者・研究者の集まりで、十分に市民参加を促せなかった反省点が指摘されていましたが、それを払拭した5日間だったと感じています。

「市民参加」には、前回レポートで取り上げたように、本体会議での発言や国際枠組の策定にきちんとNGO/CSOが参画する方法もあります。一方、一般参加者を増やすことも「市民参加」を促す取り組みです。

今日ご紹介するのは、なんと当初予想の4倍に当たる延べ15万6千人が参加した「パブリック・フォーラム(市民向けイベント)」について。

DSC04088

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , |

【国連防災世界会議レポート】 本体会議編

この記事についてTwitterでつぶやく

3月18日、「第3回国連防災世界会議 in 仙台」が閉会しました。

PBVも104団体となった市民ネットワーク「2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)」の共同事務局として、また現場で災害支援を行う団体として1年以上に渡って活動を行ってきました。会議本番・前後の福島や仙台では、たくさんの運営メンバー・スタッフに支えられ、多くの成果を残すことができました。

今日は、2015年以降の新しい防災目標「仙台防災枠組」の交渉が行われた本体会議について。

2015_03_16 DRR_0055

 

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その10] 市民防災世界会議

この記事についてTwitterでつぶやく

東日本大震災から4年。
まだまだ続く復興への道のりにどう寄り添うのか、
あの時の教訓をどう伝え将来につなげていくのか。
14時46分、
石巻と東京のスタッフも、それぞれの思いとともに黙祷を捧げました。

 

 

第3回国連防災世界会議」は、第2回の兵庫・神戸に続き、大震災の被災地での開催となります。今回は、大震災に見舞われて4年が経過する東北での開催ですが、会議では東日本大震災だけでなく、世界各地の災害のことも防災の取り組みも話し合う場となります。ホスト国である日本政府は、東北の復興を世界にアピールする機会と捉えているでしょう。ただ、石巻や女川、福島の住民の皆さんと話していると、まだまだ解決していない課題の方が多いとも感じています。だから、今回の国連防災世界会議開催都市が東北・仙台に決まった時、「誰かが、東北の復興に役立つ出会いと学びがある場所を作らなければ!」と思いました。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その9] ピープルズ・パビリオン

この記事についてTwitterでつぶやく

第3回国連防災世界会議 in 仙台」まで、あと4日。

期間中、最もたくさんの人の参加が予想されるのは、屋外展示が行われる勾当台(こうとうだい)公園で行われる「防災のひろば」「国際交流のひろば」。世界の料理が味わえるワールドキッチン、災害時に活躍する特殊車両の展示や消防訓練のパフォーマンス、伊達の武将隊やゆるキャラ・音楽ステージなど、家族連れでも楽しめるイベントがたくさん準備されています。
●屋外展示@勾当台公園の詳細は コチラ

この勾当台公園では、世界からのゲストと日本の市民がもっと身近に交流し話し合える場として、市民ネットワーク「JCC2015」が企画する多目的交流テント「ピープルズ・パビリオン」が特設されます。

main_ja

 

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その5] 国連特別代表からのメッセージ

この記事についてTwitterでつぶやく

「第3回国連防災世界会議 in 仙台」まで、あと50日を切りました。

国連で、この会議を準備するのが「UNISDR(国連国際防災戦略事務局)」。
今日は、そのトップであるマルガレータ・ワレストロム特別代表から、日本の市民の皆さんにいただいたメッセージを紹介します。

 

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , |

アフリカの若者と考える防災 「レジリエント・シティ」キャンペーン

この記事についてTwitterでつぶやく

 

現在航海中の「ピースボート 第86回地球一周の船旅」では、マダガスカルから南アフリカまでの区間にあたる2014年12月18-23日、国際NGOピースボートとピースボート災害ボランティアセンター(PBV)は国連国際防災戦略事務局(UNISDR)とともに、アフリカの若者を船に迎え、災害の被害を最小限に抑えるための防災促進プログラムを実施しました。

レジリエントシティ12

 

「レジリエント・シティ」キャンペーンは、2005年に神戸でおこなわれた第2回国連防災世界会議で採択された「兵庫行動枠組(HFA)」を、各自治体が具体的に実行していくための取り組みとして、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)によって立ち上げられました。ピースボートは、2014年からこの世界防災キャンペーンの公式パートナーになりました。年間3回の地球一周の船旅を通し60以上の港町を訪れるという特徴を活かし、1つでも多くの市町村や自治体に「災害に強い都市構築のための必須10項目」の導入を呼びかけています。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 防災教育 | タグ: , , , , , , , |

【東京/イベント】 12/5 「第3回国連防災世界会議 in 仙台」 先行イベント

この記事についてTwitterでつぶやく

来年3月14日-18日、仙台で「第3回国連防災世界会議」が開催されます。

東日本大震災での支援活動経験を持つ約100の日本のCSO(市民社会組織)で構成する「2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)」では、内閣府、外務省と共催の先行イベントとして、12/5に東京・日比谷にて、共同シンポジウムを行うことになりました。

発災時には、行政や自治体、企業、CSO、そして被災地の住民たちなど、それ以上被害を広げないためのマルチセクターでの対応が求められます。また、それは発災時だけでなく、日頃の防災・減災に活かしていくことで、より災害リスクを減らすことにもつながります。「自助」「共助」「公助」それぞれの立場で防災に取り組むパネリストによるシンポジウムのほか、JCC2015が企画運営する『市民防災世界会議』や福島の教訓を世界に届けるための新プロジェクトなども発表します。

一般参加歓迎のイベントです。ぜひご参加ください(参加無料/要事前予約)。
● 12月5日のイベント詳細・ご予約は コチラ
● イベントチラシは コチラ (PDF/1.25MB)

マルチセクターの防災 チラシ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その4] 国際準備会合と国内での中間報告

この記事についてTwitterでつぶやく

第3回国連防災世界会議 in 仙台」まで、あと225日。

6月にはタイ・バンコクでのアジア地域の準備会議、7月にはスイス・ジュネーブでの全体準備会議に参加してきました。また、3月の会議期間中に一般公開される「国連防災世界会議パブリックフォーラム」の公募も始まり、いよいよ準備が本格化してきました。

IMG_2522 - 2014-07-14 at 10-05-47 - 2014-07-14 at 10-05-47

今日は、先日ピースボートも共同事務局を務める「JCC2015(2015防災世界会議日本CSOネットワーク)」による中間報告会での発表内容を中心にご紹介します。

(参考ブログ記事)
ブログ[その1] 内容:なぜ日本で開催するの?
ブログ[その2] 内容:「HFA2(兵庫行動枠組2)」について
ブログ[その3] 内容:会議に向けた市民の動き

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その3] 会議に向けた市民の動き

この記事についてTwitterでつぶやく

来年3月の「第3回国連防災世界会議」。大きくは「本体会議」と「関連事業」の2カテゴリーに分かれます。「本体会議」の主催は国連、事務局をUNISDR(国連国際防災世界戦略)が務めます。「関連事業」は開催都市である仙台市に準備室が設置され、政府機関、地方自治体、NPO、NGO、大学などの諸団体と協力して実施します。外務省や内閣府は、開催国としての動きです。

3回目の今回は、これからの盛り上がりへの期待も込めて、「市民の動き」をご紹介します。

●仙台実行委員のホームページは コチラ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |

ブログアーカイブ

【国連防災世界会議レポート】 市民防災世界会議編

この記事についてTwitterでつぶやく

各国の代表が集まり、今後15年間の国際的な防災目標を決める本体会議は、いわば「公助」の役割を話し合った会議。もちろんその中でも民間企業やボランティア団体との連携について触れる場面はありましたが、災害時の「自助」「共助」を担う市民自らが主体的に作り上げたのが「市民防災世界会議」です。

トップ

日本開催の防災世界会議ということもあり、104団体が集まった日本の市民ネットワーク「JCC2015」が主な企画運営を担いましたが、地球市民社会のための防災ネットワーク(GNDR)アジア防災・災害救援ネットワーク(ADRRN)ホワイロー委員会という3つの国際NGOネットワークや、仙台・東北の地元団体の皆さんにも多くのご協力をいただきました。

過去3回の国連防災世界会議でも初開催となった取り組みでしたが、新聞やテレビでも大きく報道され、4日間を通して国内外1,500名以上が参加。東日本大震災や様々な被災地で災害支援、平時の各地域で防災・減災に取り組む市民が一堂に会し、自分たちがこれからやるべき実践例のヒントとつながり、そして元気を持ち帰ることができたのが大きな成果だったと思います。

●会議プログラムは コチラ (PDF/4.4MB)

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , |

【国連防災世界会議レポート】 パブリックフォーラム編

この記事についてTwitterでつぶやく

第3回国連防災世界会議の大きな成果のひとつは、予想を大幅に上回る「市民参加」を達成したこと。10年前の第2回会議は、行政や防災関係者・研究者の集まりで、十分に市民参加を促せなかった反省点が指摘されていましたが、それを払拭した5日間だったと感じています。

「市民参加」には、前回レポートで取り上げたように、本体会議での発言や国際枠組の策定にきちんとNGO/CSOが参画する方法もあります。一方、一般参加者を増やすことも「市民参加」を促す取り組みです。

今日ご紹介するのは、なんと当初予想の4倍に当たる延べ15万6千人が参加した「パブリック・フォーラム(市民向けイベント)」について。

DSC04088

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , |

【国連防災世界会議レポート】 本体会議編

この記事についてTwitterでつぶやく

3月18日、「第3回国連防災世界会議 in 仙台」が閉会しました。

PBVも104団体となった市民ネットワーク「2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)」の共同事務局として、また現場で災害支援を行う団体として1年以上に渡って活動を行ってきました。会議本番・前後の福島や仙台では、たくさんの運営メンバー・スタッフに支えられ、多くの成果を残すことができました。

今日は、2015年以降の新しい防災目標「仙台防災枠組」の交渉が行われた本体会議について。

2015_03_16 DRR_0055

 

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その10] 市民防災世界会議

この記事についてTwitterでつぶやく

東日本大震災から4年。
まだまだ続く復興への道のりにどう寄り添うのか、
あの時の教訓をどう伝え将来につなげていくのか。
14時46分、
石巻と東京のスタッフも、それぞれの思いとともに黙祷を捧げました。

 

 

第3回国連防災世界会議」は、第2回の兵庫・神戸に続き、大震災の被災地での開催となります。今回は、大震災に見舞われて4年が経過する東北での開催ですが、会議では東日本大震災だけでなく、世界各地の災害のことも防災の取り組みも話し合う場となります。ホスト国である日本政府は、東北の復興を世界にアピールする機会と捉えているでしょう。ただ、石巻や女川、福島の住民の皆さんと話していると、まだまだ解決していない課題の方が多いとも感じています。だから、今回の国連防災世界会議開催都市が東北・仙台に決まった時、「誰かが、東北の復興に役立つ出会いと学びがある場所を作らなければ!」と思いました。

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その9] ピープルズ・パビリオン

この記事についてTwitterでつぶやく

第3回国連防災世界会議 in 仙台」まで、あと4日。

期間中、最もたくさんの人の参加が予想されるのは、屋外展示が行われる勾当台(こうとうだい)公園で行われる「防災のひろば」「国際交流のひろば」。世界の料理が味わえるワールドキッチン、災害時に活躍する特殊車両の展示や消防訓練のパフォーマンス、伊達の武将隊やゆるキャラ・音楽ステージなど、家族連れでも楽しめるイベントがたくさん準備されています。
●屋外展示@勾当台公園の詳細は コチラ

この勾当台公園では、世界からのゲストと日本の市民がもっと身近に交流し話し合える場として、市民ネットワーク「JCC2015」が企画する多目的交流テント「ピープルズ・パビリオン」が特設されます。

main_ja

 

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その5] 国連特別代表からのメッセージ

この記事についてTwitterでつぶやく

「第3回国連防災世界会議 in 仙台」まで、あと50日を切りました。

国連で、この会議を準備するのが「UNISDR(国連国際防災戦略事務局)」。
今日は、そのトップであるマルガレータ・ワレストロム特別代表から、日本の市民の皆さんにいただいたメッセージを紹介します。

 

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , |

アフリカの若者と考える防災 「レジリエント・シティ」キャンペーン

この記事についてTwitterでつぶやく

 

現在航海中の「ピースボート 第86回地球一周の船旅」では、マダガスカルから南アフリカまでの区間にあたる2014年12月18-23日、国際NGOピースボートとピースボート災害ボランティアセンター(PBV)は国連国際防災戦略事務局(UNISDR)とともに、アフリカの若者を船に迎え、災害の被害を最小限に抑えるための防災促進プログラムを実施しました。

レジリエントシティ12

 

「レジリエント・シティ」キャンペーンは、2005年に神戸でおこなわれた第2回国連防災世界会議で採択された「兵庫行動枠組(HFA)」を、各自治体が具体的に実行していくための取り組みとして、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)によって立ち上げられました。ピースボートは、2014年からこの世界防災キャンペーンの公式パートナーになりました。年間3回の地球一周の船旅を通し60以上の港町を訪れるという特徴を活かし、1つでも多くの市町村や自治体に「災害に強い都市構築のための必須10項目」の導入を呼びかけています。

続きを読む

カテゴリー: プロジェクト・活動内容, 防災教育 | タグ: , , , , , , , |

【東京/イベント】 12/5 「第3回国連防災世界会議 in 仙台」 先行イベント

この記事についてTwitterでつぶやく

来年3月14日-18日、仙台で「第3回国連防災世界会議」が開催されます。

東日本大震災での支援活動経験を持つ約100の日本のCSO(市民社会組織)で構成する「2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)」では、内閣府、外務省と共催の先行イベントとして、12/5に東京・日比谷にて、共同シンポジウムを行うことになりました。

発災時には、行政や自治体、企業、CSO、そして被災地の住民たちなど、それ以上被害を広げないためのマルチセクターでの対応が求められます。また、それは発災時だけでなく、日頃の防災・減災に活かしていくことで、より災害リスクを減らすことにもつながります。「自助」「共助」「公助」それぞれの立場で防災に取り組むパネリストによるシンポジウムのほか、JCC2015が企画運営する『市民防災世界会議』や福島の教訓を世界に届けるための新プロジェクトなども発表します。

一般参加歓迎のイベントです。ぜひご参加ください(参加無料/要事前予約)。
● 12月5日のイベント詳細・ご予約は コチラ
● イベントチラシは コチラ (PDF/1.25MB)

マルチセクターの防災 チラシ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その4] 国際準備会合と国内での中間報告

この記事についてTwitterでつぶやく

第3回国連防災世界会議 in 仙台」まで、あと225日。

6月にはタイ・バンコクでのアジア地域の準備会議、7月にはスイス・ジュネーブでの全体準備会議に参加してきました。また、3月の会議期間中に一般公開される「国連防災世界会議パブリックフォーラム」の公募も始まり、いよいよ準備が本格化してきました。

IMG_2522 - 2014-07-14 at 10-05-47 - 2014-07-14 at 10-05-47

今日は、先日ピースボートも共同事務局を務める「JCC2015(2015防災世界会議日本CSOネットワーク)」による中間報告会での発表内容を中心にご紹介します。

(参考ブログ記事)
ブログ[その1] 内容:なぜ日本で開催するの?
ブログ[その2] 内容:「HFA2(兵庫行動枠組2)」について
ブログ[その3] 内容:会議に向けた市民の動き

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , |

国連防災世界会議に向けて [その3] 会議に向けた市民の動き

この記事についてTwitterでつぶやく

来年3月の「第3回国連防災世界会議」。大きくは「本体会議」と「関連事業」の2カテゴリーに分かれます。「本体会議」の主催は国連、事務局をUNISDR(国連国際防災世界戦略)が務めます。「関連事業」は開催都市である仙台市に準備室が設置され、政府機関、地方自治体、NPO、NGO、大学などの諸団体と協力して実施します。外務省や内閣府は、開催国としての動きです。

3回目の今回は、これからの盛り上がりへの期待も込めて、「市民の動き」をご紹介します。

●仙台実行委員のホームページは コチラ

続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , |