舞台『イシノマキにいた時間』

6月29日と7月1日の2回、石巻では初となる『イシノマキにいた時間』の公演が行われます。手がけるのは、ピースボートでもお馴染みとなったお笑い・テレビ俳優・脚本などで幅広く活躍する福島カツシゲさん。昨年5月から、石巻で体験したボランティアの活動をもとに、葛藤しながらも「復興」に向けて努力する人々の姿が舞台化された作品です。

 width= width=

 

震災後、カツシゲさんが石巻に来たのは、昨年5月のこと。「ガソリン不足も叫ばれていたから、役立つと思った」と、東京からの移動はなんと原付バイク。当初、一週間程度の予定だったボランティアは、何度か東京に戻りながらも、もう一年以上に渡ります。

 width=

 

緊急・復旧活動の現場のボランティア・リーダーとして活動しながら、持ち前のパフォーマンスで、「石巻川開き祭り」や「おらほの復興市」でのステージ司会なども務めました。

 width=

 width=

 

昨年夏頃からは「芝居や執筆という自分にできることを通して、石巻の復興に役立ちたい」と、月刊ボランティア冊子『石巻通心』の編集長や、舞台でボランティア参加を呼びかけるなどの活動も行ってきました。その後、彼の誘いで石巻でのボランティアに参加した芝居仲間も加えた『イシノマキにいた時間』の公演も始めました。

 width= width=

 

時期によって内容はアレンジされ、今回石巻で披露されるのはVol.4。「ピースボートセンターいしのまき」も協力し、2回の石巻公演はどちらも参加無料で行われます。

「震災後の石巻での時間と出会いを、震災を経験していない全国の人に伝えることが自分の使命だと思っています。被災者ではない自分にそれができるのか、まずは石巻の皆さんに見てもらって、素直な感想を聞きたい」

と、いまも必死に稽古中。
ぜひ、たくさんの石巻の方々にお越しいただければと思っています。

 

■ 舞台『イシノマキにいた時間』 石巻公演 概要


日時:6月29日(金) 17時~18時半(開場:16時半)
場所:石巻市立東浜小学校・体育館 (石巻市牧浜字竹浜道22-2)


日時:7月01日(日) 14時~15時半(開場:13時半)
場所:石巻市中央公民館 (石巻市日和が丘一丁目2番7号)

[ 料 金 ]
入場無料(全席自由席)

[ホームページ]
www.ishinomakitime.com

[お問い合わせ]
ピースボートセンターいしのまき TEL.0225-25-5602(平日11:00~18:00)

 

■ 出演者プロフィール

○福島カツシゲ さん
大阪府出身。’96年お笑いユニット「COLORS」を結成。現在は俳優業のみならず、脚本、演出も手掛ける。第4回WOWOWシナリオ大賞受賞。TV「こたえてちょ~だい!?」「水戸黄門」「筋肉番付」1stSTAGEクリア

○石倉良信 さん
東京都出身。劇団ACファクトリーに17年在籍後、退団。在籍中から、劇団外の舞台にも多数出演。舞台『地球ゴージャス』『ロミオ&ジュリエット』TV『ラストマネー』映画『世界のどこにでもある、場所』CM『小田急ロマンスカー』

○田口智也 さん
栃木県出身。TBS『学校へ行こう!』でデビュー。その後、個性的なキャラクターで映画、CMなど多数出演。映画『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』『歩いても歩いても』『GTO』TV『下流の宴』CM『ダイハツ』『Softbank』他、舞台でも活躍中。

 

 

 

photo by Yoshinori Ueno, Shoichi Suzuki, Mitsutoshi Nakamura